HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > auのSIMフリーガラケーで「できる事」と「できない事」

格安スマホ・MVNOまとめ

auのSIMフリーガラケーで「できる事」と「できない事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリーは、SIMロックの掛かっていない携帯端末のことです。
SIMは小型マイクロチップが埋め込まれたカードで、携帯電話の情報や利用者の情報などが記録されており、これを差し込むことで携帯電話の通信回線を利用することが可能になります。

現在はSIMフリーも多い

日本の携帯電話では、顧客の囲い込みという観点から各キャリアごとにSIMロックを掛けており、このため他社のSIMを差し込んでも機能することがありませんが、近年は利便性を高めるためにロックを解除したものも登場しています。

SIMフリーであるメリットは、キャリア以外に販売しているSIMを購入することで、他の事業者の通信回線を利用することができるということです。このためSIMを使い分けることで大幅に通信料金を節約することができるメリットがあります。

ガラケーでも大丈夫

5--31

一方でSIMフリーといえば格安スマートフォンというイメージがありますが、ガラケーでも利用は可能です。
このためSIMフリーのガラケーも登場しておりauからも販売されています。

メリットとしてはスマートフォンよりも端末価格が非常に安価であり、本体価格は6千円ほどで利用が可能です。もちろんSIMフリーですので、au以外のSIMカードを挿入しても通話することができます。

月額基本料は900円ほどで、通話料は30秒20円とされています。
SIMフリーガラケーの特徴としてはシンプルに特化しており、通話とメールしか出来ませんしカメラも搭載していないため、通常のauで提供されているガラケーよりも機能面では劣りますが、そのぶん価格が抑えられているため人気があります。

特に通常の携帯電話を加入するさいには2年縛りといったものや詐欺まがいの料金プランなどがありますが、SIMフリーではそのようなことはなく基本的に使い切りで価格が抑えられているのが支持される理由とされています。

使えるのは通話とメールだけ

SIMフリーのガラケーで、できる事は非常にわかりやすく通話とメールのみという点です。カメラも付いていないため相手と通信と通話を行うためだけにあると言えるものになります。価格が安いので、とりあえず携帯電話が必要な人や2台目以降に使いたいといった人に需要があります。

一方で料金プランもシンプルですので、auなどキャリアが提供する特定の携帯電話間の通話料無料といったものがなく、長時間の利用をする人にとってはやや不利な面もあるため利用するさいには、用途を十分に確認した上で選ぶ必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加