HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > デュアルスマホ・デュアルSIMでMVNOの弱点をカバー!通話料を節約するワザ

格安スマホ・MVNOまとめ

デュアルスマホ・デュアルSIMでMVNOの弱点をカバー!通話料を節約するワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「デュアルSIM」と「デュアルスマホ」という言葉を目にする機会が増えてきませんか?
実はこのデュアルSIMとデュアルスマホを使うことによって、MVNOの弱点である「通話無制限プランが無いため通話料が高くなってしまう」という点をカバーすることができます。デュアルSIMとデュアルスマホそれぞれを解説しつつ節約方法をご紹介します。

デュアルSIMとは、1台のスマホで2枚のスマホが使えること
デュアルとは2者、2重といった意味があります。つまり1台のスマホで2枚のSIMカードが使えることを言います。

デュアルSIMが登場するまでは、携帯の2台持ちや携帯とモバイルルーターを持つ、という不便な状態が続いていました。
しかしデュアルSIMが登場したことにより、2台持ちを1台にまとめることができるようになりました。

2枚のSIMを1台のスマホで利用するためには、スマホがデュアルSIMに対応している必要があります。
現在、デュアル対応のスマホが多く販売されていて選択肢も多くなりました。
おすすめのデュアルスマホについては後ほどご紹介します。

DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)とDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とは?


いきなり難しい単語が出てきましたが、ひとつずつ簡単に説明していきます。

DSSSとは、SIMを2枚挿せるけれど、使用する際にはどちらか一方しか使えない状態のことをいいます。
使用するSIMカードのスロットを都度切り替えることで、1台のスマホで2枚のSIMを使い分ける方法のことをいいます。
「都度切り替えて使う」必要があるので、例えば音声通話SIMを2枚挿して使用した場合、片方のSIMカードは通信が無効になってしまいます。

一方のDSDSは、2枚のSIMカードを挿した状態で、「2枚同時に」利用することができます。
DSSSと異なり、使用するSIMカードスロットを切り替えする必要がありません。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のメリット


DSDSは2枚のSIMカードを同時に利用できると解説しました。
この「同時」が最大のメリットです。この機能によって、通話料を節約することができます。
どうして節約が可能なのでしょうか。

それは、通話待ち受けを音声通話SIMカードでおこなう一方で、データ通信SIMでWebブラウジングやメールの送受信ができるからです。
このメリットを使って、MVNOでデータ通信料を抑えつつ「通話無制限プラン」を使って携帯代の節約ができるようになります。

そのほかに以下のようなメリットがあります。

  • 2枚のSIMを1台のスマホで利用できるので、2台持ちを解消できる
  • DSSSと異なり、主導で都度利用するSIMに切り替える手間がない

デュアルSIMを使って通話料を節約しよう


ドコモ回線を契約していて、MVNOに変えてもカケホーダイを使いたい方は、次の方法にすると上手に携帯代を節約できます。

音声通話用のSIMカード

  1. ドコモ通話のプランを「カケホーダイプラン」に変更する
  2. データパックを廃止する
  3. 音声通話専用SIMとして利用する

データ通信専用のSIMカード

利用したいMVNOで「データ通信」専用SIMカードを契約する

これで「カケホーダイプラン」でドコモの音声通話品質SIMを使いながらMVNOのデータ専用SIMを利用することができます。
ここでどれだけ節約できているのか、1ヶ月あたりの携帯代の計算をしてみます。

音節通話
ドコモカケホーダイ 2,700円/月

データ通信
(例)ビッグローブSIM
データ通信のみ(3GB)プラン 900円/月

合計3.600円/月となります。

例として、ドコモでパケホーダイとデータパック5GBの合計額が
8,000円なので、4,400円の節約になります。

ドコモの音声品質を利用しつつ、データ通信料金をMVNOにすることで節約することが
できるので、通話専用の端末ととデータ通信専用のモバイルルーターなどの2台持ちをしていた方には特におすすめできます。

デュアルSIM対応のおすすめの端末

Motorola Moto G5 Plis

  • 15分の急速充電で約6時間駆動可能
  • 持ち上げて着信停止 / 下向きにおいて無音化
  • 手をかざすと画面が起動(通知内容追加)
  • ひねるとカメラ起動、2回振り下ろすとライト点灯
  • デュアルスタンバイ対応

Huawei nova

  • 1200万画素の高画質、明るいレンズ、広いセンサーエリアにより夜景も綺麗に撮影
  • 高性能なオートフォーカス機能で一瞬を捉える
  • 800万画素のセルフィー機能(業界初の眉メイク効果)
  • 4K動画が撮影可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加