HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > 格安スマホの本体価格ってどのくらい?支払い方法は?

格安スマホ・MVNOまとめ

格安スマホの本体価格ってどのくらい?支払い方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの月々の利用料金を安く出来るとして多くの人に注目されているのが格安スマホです。キャリアとの契約でスマートフォンを使う場合、月々8000円から9000円の利用料金が必要になります。
端末を分割で購入した場合は1万円以上かかる場合もあります。

使い方によってお得さは違う

高いスペックの端末を購入しても、使うのはウェブサイトの閲覧と動画の視聴だけ、そんな人は結構います。それだけのために月々1万円以上支払うのは非常に勿体無いです。無駄と感じている人の中には自分で月々の利用料金を安く出来る方法を見つける人がいます。

それがMVNOサービスで、通称格安スマホと呼ばれているものです。
データ通信専用のプランの場合は月々900円ほどで運用でき、音声通話を込みのプランを選択しても月々2000円以内に利用料金をおさめることができます。月々の利用料金は高速通信の制限容量によって変わりますが、あまり使わない人には、ランクの低いプランがおすすめです。

格安スマホを使うならまずは端末購入

iphone-1283665_640

格安スマホを使うためには、別途端末を用意する必要があります。
格安SIMカードをそのまま使える端末を所持していれば良いですが、所持していない場合は別途端末本体を用意する必要があります。

端末本体は家電量販店をはじめてパソコン専門店やネットショップなどで購入可能です。
購入できる端末本体のスペックですが、ローエンドからハイエンドまで幅広くあります。
ウェブサイトの閲覧や動画の視聴程度であれば、ローエンドの端末でも全く問題ありません。

ゲームをする人におススメは

3Dゲームを遊ぶ人にはハイエンドのスペックがおすすめです。
当然のことですが、ローエンドよりもハイエンドの端末の方が購入価格は高めです。
ローエンドの端末は1万円から2万円で購入できますが、ハイエンドの端末は8万円から10万円の価格になります。

どの端末を選択するかは本人の自由なので使い方にあった端末を選択すると良いでしょう。
また格安スマホの価格については、ネット上にある比較サイトで調べることができます。

ショップによって価格や違い、同じ端末でも購入するショップによっては数千円違うことがあります。より安く購入したいのであれば、比較サイトで色々調べてみると良いでしょう。比較サイトには多くのショップの情報が登録されているので、参考にできどのショップが一番安いのか明確にすることができます。後は購入した端末にSIMカードを差し込み、設定を行えば運用を開始することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加