HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > 日本初のSIMフリーガラケー!メリットとデメリットとは?

格安スマホ・MVNOまとめ

日本初のSIMフリーガラケー!メリットとデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初のSIMフリーのガラケーが登場しています。
日本ではSIMフリーと言えばスマートフォンを指すことが多いのですが、古くから海外ではNokiaなどが中心に、通話に特化したいわゆるガラケーにおいてもSIMフリー化が進んでいました。

ガラケーも再人気

日本では通話キャリアの端末が安かったこともあり、ほとんどSIMフリー化はされませんでした。MVNOが登場して通信キャリアやサービスを切り替えながら使っていくことが一般化したことでガラケータイプも登場しています。

ガラケーのSIMフリーはNokiaと呼ばれるほど数が多いのですが、残念ながら日本でよく使われる周波数帯にあっている端末はとても少なかったためにそれほど広まっていません。
しかし、日本初とも言えるSIMフリーガラケーが販売されています。

ガラケーは通話とメールに特化した端末ですが、Nokiaなどの端末ではいわゆるキャリアメールは送受信できません。
キャリアメールは携帯の機能といえますが、SMSのことをさすのです。

送受信方法の違いを知ろう

7--16

キャリアメールとSMSは大きな違いに電話番号で送受信できるかがあります。SIMフリータイプの多くはSMSは使えるのですが、キャリアメールは使えないので注意したいところです。
ただし、通信キャリアの販売端末をシムロックを外していればキャリアメールをそのまま利用できますが、他社のキャリアメールは送受信できません

MVNOが多く利用されるようになってキャリアメールの必要性は薄まっています。多くの方がインターネットメールを利用しますし、LINEやFacebookでやりとりするという方も少なくありません。コミュニケーションの取り方は年々変わっていくので割りきった使い方をする方も少なくありません。

SIMフリーだからといってなんでもできる端末よりは、バッテリーが数段もち、通話に特化して使いやすさを重視することを大事に考える方も多くなっています。

auで使う時の注意点

ただし、auで利用する場合は注意が必要です。
auの通話のみのプランでは使えない端末が多いからです。
auは通信回線方式が一般的に少ない勢力であり、特に日本で販売されている各種端末でも対応していないことが多くなっています。

そのため、特に通話にこだわったタイプの携帯電話でも利用できないケースがほとんどです。また、auの端末がSIMロックを外されていても、他の通信キャリアに接続できないケースが多いので注意が必要となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加