HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 意外と見落としてる?スマホ・MVNOの基本を再度見直し!

格安スマホ・MVNOまとめ

意外と見落としてる?スマホ・MVNOの基本を再度見直し!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、スマートフォンや格安SIMであるMVNOのことはもう知っていると思っていませんか?しかし、意外とAPNとは?などの基本的な事を見落としている可能性があります。

ここで、もう一度スマートフォンとMVNOの基本について忘れがちな事をおさらいしましょう。

目次

スマートフォン編

MVNO編

SIMフリーとは?

6e2580d7f8497ad53d809dabe577fa41

まず最初は、スマートフォンについてです。皆さんがよく聞く言葉の「SIMフリー」ですが、本当にその意味を知っていますか?

ここで、もう一度確認しましょう。SIMフリーとは、簡単に説明をするとどの携帯電話キャリアとでも契約して利用できるスマートフォンことです。

例えば、SIMフリースマートフォンを購入すれば、docomoだけじゃなく、auともSoftBankとも契約をして使えます。

また、日本国内だけじゃなく世界どこでも各国の携帯キャリアと契約をして使用することができます。海外旅行や留学に行った際にも、使っているSIMフリースマートフォンをそのまま海外に持って行き現地のSIMカードを挿入して使うことができるのでとても便利です。

ただ、SIMフリー端末は基本的に少し高くなります。

スマホを長く使うと最初に出る症状

130702smartphone_battery

スマートフォンを2年間から3年間と長い期間使っている人も多いと思います。スマートフォン端末によって寿命が違うので、一概に何年経ったら故障や内部に不具合が出てくるとは言い難いですが、たいていどのスマートフォンでも最初の内部の不具合はバッテリーでしょう。

まずは、バッテリーの減りが早くなったりバッテリーが最初に弱くなることが多いです。その他にも、外部に傷がついたり落としてしまって割れたりといった誰が見てもわかる症状は出やすいです。

外部の傷は特にないが、「最近バッテリーの減りが早くて気になるな」と感じたらスマートフォンの寿命が近づいている証拠かもしれません。キャリアに持っていくか街の修理屋さんに持って行って対処をしましょう。

何をすればバッテリーが減りやすい?

その最初の内部の症状となりえるバッテリーですが、何をすれば一番バッテリーに負荷がかかるのでしょうか。たくさんありますが、代表的なのが過度の充電や充電のしっぱなしでしょう。

充電を何度も繰り返すことでスマートフォンのバッテリーはだんだん弱くなっていきます。充電はスマートフォンを使う上でしないといけないことなので、避けるのは難しいですが、今まで夜寝てから朝まで充電ケーブルを挿しっぱなしにしていた人なら、まずはそれをなるべく控えましょう。

また、暑い車内や極端に寒い場所にスマートフォンを放置するのもバッテリーだけじゃなくスマートフォン本体にも悪いのでやめるようにしましょう。スマートフォンには適温があります。

MVNO利用に必要なAPNとは?

ここからは、MVNOについてです。まずは、よく耳にする「APN」というものです。みなさんAPNは何かご存知ですか?

APNは「Access Point Name」の略で要するに「アクセスポイントの名前」です。ネットワークをするために必要な役割を持っています。

このAPN設定をしないとネットワークに接続できないのでモバイル回線でのインターネットができません。iPhoneなどでは各MVNOが用意している構成プロファイルをインストールするとAPN設定が完了しますが、その他のスマートフォンではAPN設定のため手動で入力をして設定をしなければいけない場合もあります。

MVNOは災害時でも使える?

MVNOは安くスマートフォンを運用できる画期的なサービスですが、果たして災害時にもちゃんと使用できるのでしょうか。

MVNOはキャリアからアンテナや基地局のネットワークを借りているので、これらキャリアの整備が崩壊するとキャリアと同様に使えなくなります。

その他に、整備に問題がなくても通話や通信に影響が出ることがあります。これは通信の混雑によって起きています。災害後には通信が集中するため混雑が考えられます。

MVNOのSIMカードは返却する?

最後に、MVNOのSIMカードは解約後に会社に返却しないといけないのかについてです。これは、YesともNoとも言えます。なぜなら、MVNO会社によって定めているルールが異なるからです。

ただ、多いのが解約後にSIMカードを返却センターに郵送するというものですが、稀にそのまま返却しないでも構わないという会社もあります。これは、契約しているMVNOのホームページに行って調べる必要があります。

万が一、返却義務があるのも知らずに放置していたら罰金を取られる可能性もあるので注意が必要です。

今回は、スマートフォンとMVNOの意外と私たちが見落としている大切なことを紹介しました。これを参考に快適なスマートフォンライフを送ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加