HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 格安SIMをiphone4sで使うためには何をすればいいの?

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMをiphone4sで使うためには何をすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近価格の安さや利便性の良さから格安SIMが人気を集めています。このSIMはiphone4sといった旧機種でも十分に利用することができます。

しかし、注意点もありますのでよく確認してから検討しましょう。

格安SIMを選ぶ際の注意点について

格安SIMの提供会社は大手携帯会社のSIMを利用して、その回線を借りる形でサービスを提供しています。そのサービスも契約する会社によって価格や通信速度が違います

さらに、日本で携帯電話各社から発売されていたiphone4sを利用する場合にはSIMロックがかかっているため、その時に契約をしていた携帯電話会社以外のSIMを利用する格安SIMでは端末のSIMロックを解除しない限り利用ができない欠点もあります。

iphone4sのSIMロックとのその解除について

5--28

iphone4s海外モデルと日本国内販売モデルによって違います。
海外モデルでは以前からSIMロックが解除されたものも販売されていました。今でもこの一部が中古販売店で流通していることがあります。そのような日本の周波数帯域に合い、合法に使えるものであれば、問題なく全ての格安SIMで利用することができます。

しかし、ほとんどのものはキャリアロックがかかった端末が日本国内で流通しています。
そのため、違うキャリアのSIMを使うためには、少し手間をかける必要があります。

その中でも1番お手軽な方法が、SIMの下駄を用いることです。
SIMカードとiphoneの端子の間に基盤をかませる方法でSIMロックを迂回させることができます。下駄自体偽物も流通しているため、購入時に注意が必要ですが、インターネット通販サイトでは安いものでは数百円程度から購入することができます。

さらに、ファクトリーアンロックサービスを提供している海外の会社もあります。
このサービスはiphone4sのSIMロック自体を解除する方法です。
値段は高いですが、成功すれば最初からSIMフリーの端末を購入した時と同じ状態にすることが可能で、こちらの場合も全ての格安SIMでより安定して利用することができるようになります。

最後にiphone4sの構成プロファイル設定について

携帯電話会社で直接契約をしていた時は、SIMカードを挿入すればすぐに利用できていたと思いますが、格安SIMを利用するためには、構成プロファイルを設定する必要があります。

その方法は契約した格安SIM会社のホームページに記載されていますが、ほとんどの場合インターネット経由でダウンロード設定をすることが一般的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加