HOME > すべての記事 > 格安SIMで通話したい! > 音声通話可能の格安SIMカード、まとめました!【解約手数料・料金など】

格安スマホ・MVNOまとめ

音声通話可能の格安SIMカード、まとめました!【解約手数料・料金など】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話やスマートフォンなどはメールやサイト閲覧などのデータ通信の使用をすることがおおくありますが、音声通話もとても重要な機能になります。

大手キャリアと契約する際にはデータ通信だけのプランで契約することは少なく、通話もできるプランで契約することが多くなり電話番号を手に入れることができます。
しかし格安SIMカードでは音声通話可能のものとそうでないものがあるため、注意して契約する必要があります。

データ通信だけでよいのであればそれほど悩む必要もありませんが、通話も行ないたい場合には通話可能な格安SIMカードを扱っているMVNO会社の特性を理解した上で契約することが大切になります。

解約手数料がかかります。

格安SIMカードは安いというメリットに目が行きがちになりますが、見落としがちなことが解約手数料になります。
格安SIMカードをデータ通信だけのプランで契約した場合に解約するときには、ほとんどのMVNO会社では解約手数料は掛かりません。

しかし音声通話可能なプランで契約した場合には、解約するときに解約手数料が発生することがあります。
通話機能付きのSIMで契約する場合には最低利用期間が決められている場合が多く、期間内に解約する場合には手数料が発生します。
利用期間や手数料はそれぞれの会社で違うため、契約する際にはその点を調べた上で自分が納得した会社で契約するようにしましょう。

料金はどのくらいかかるのか?

6--25

格安SIMカードはデータSIMの契約である場合に費用を特に下げることができますが、通話をできるようにするには通話SIMで契約をおこなわなければなりません。

通話SIMはデータ通信はもちろん通話もできるものであるためデータSIMより料金が高くなり、その点を注意しなければなりません。
また通話料を安くするためにオプションなどをつけることになるとより高くなるので、自分に合ったものを理解したうえで契約することが大切になります。

音声通話可能な格安SIMカードは?

音声通話可能なものは楽天モバイル・BIGLOBE・OCNモバイル・IIJmio・DMMmobile・mineo・NifMo・DTISIM・U-mobile・ぷららモバイルLTE・UQmobileのほかにも数種類ありそれぞれの通話料金や通話形態も違います。

そのため自分がどのような通話の仕方をして、どの程度の時間を通話に利用するのかなどを理解したうえで自分に合った会社で契約するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加