HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > [翻訳アプリ比較] これからの時代は外国語が必要

格安スマホ・MVNOまとめ

[翻訳アプリ比較] これからの時代は外国語が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年には日本でオリンピックがあります。これからますます日本でもグローバル化が進み、外国人の方もたくさん来日することでしょう。

そこで便利なのが翻訳アプリです。たくさんのアプリがありますが、果たしてそれぞれどのような特徴があるのかを比較してみました。

目次

みんな知っているGoogle翻訳

google-translate-1

まず初めは、私たちが普段から使っているGoogleのアプリです。翻訳のためにGoogle翻訳を既に使っているという人は多いと思います。それだけ使いやすいということです。

このGoogle翻訳の最大の特徴は文字の入力だけでなく、カメラで撮影したものや音声で入力したものまで90ヶ国語に翻訳してくれるという便利さです。いざ、外国人に道を聞かれたら、入力している時間はないかもしれません。それよりも話しているのと同じ感覚で音声を使って翻訳してくれる方が素早く相手にも伝わります。

また、このGoogle翻訳の性能はかなりいいです。特に英語の翻訳はとても自然でほぼ間違いなく相手に伝わります。ダウンロードした言語ならオフラインでも使えるのも魅力的です。

会話が弾むかもしれない翻訳アプリ 翻訳アプリ 無料Weblio英語翻訳 英会話を音声発音で話す

Weblioの翻訳アプリです。Weblioといえば、日本でオンライン辞典として最大級を誇る公式の辞典です。

”無料Weblio英語翻訳 英会話を音声発音で話す”の最大の魅力はなんといっても、翻訳したもの以外に英語での一般的な表現や類似の例文を表示してくれるということです。ただ翻訳するだけではなく、それ以上に表示された例文を使って外国人と会話を楽しめる翻訳アプリです。

道で場所などを尋ねられた時よりも、外国人の友人などと会話を楽しみたい時に最適かもしれません。

とにかく早く翻訳したいならエキサイト英語翻訳

最後はこちらもオンライン辞書でもあるエキサイト英語翻訳です。このエキサイト英語翻訳の特徴はなんといっても、翻訳の素早さです。スマートフォンの画面に翻訳したい文章を入力したら、そのまま右にスワイプをするだけで翻訳完了です。

また、調べた言葉は保存できる機能もあるので学習にも役に立ちます。とにかく、早く簡単に文章を翻訳したならこのエキサイト英語翻訳がピッタリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加