HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > [アジア〜欧米編] 海外プリペイドSIMカードの種類と使い方

格安スマホ・MVNOまとめ

[アジア〜欧米編] 海外プリペイドSIMカードの種類と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、海外旅行や出張なので外国に行く機会も増えてきました。それにスマートフォンならSIMカードを入れ替えるだけで現地の安いプランを使えてお得です。

今回は、欧米とアジアの主要プリペイドSIMカードの種類と使い方を紹介します。

目次

iPhone編

アジア編

アムステルダムのあるオランダ

IMG_9778

まずは、ドイツとベルギーに隣接しているオランダのプリペイドSIMカード事情を説明します。オランダには大きな携帯会社が3社あり、それに加えてMVNO業社も幾つかあります。大手通信会社は、KPT、T−MobileそしてVodafoneです。また基本的に、オランダのMVNOはKPTの回線を利用しています。

オランダでのプリペイドSIMカードの買い方はとても簡単で、パスポートなどの身分証明書の提示は不要です。また、データ量などが足りなくなった際のチャージも街のスーパーで使っている電話番号を伝えると簡単にできます。

ここで例としてKPNの料金を紹介します。

・SIMパッケージ 10ユーロ(約1,130円)ー15ユーロ分の通話付き

データ通信量(チャージすれば使える)

・0.3ユーロ(約34円)/1MB

・10ユーロ(約1,130円)/62,5MB

・20ユーロ(約2,260円)/200MB

SIMパッケージ 10ユーロを購入すると、15ユーロ分の通話が付いてくるのはありがたいです。

留学先としても人気のオーストラリア

続いては、日本からの留学生や移住者がとても多いオーストラリアのプリペイドSIMカード事情です。オーストラリアのプリペイドSIMカードもオランダ同様にデータ定額のプランはなく、使いたい容量のプリペイドSIMカードを購入するといったスタイルです。

オーストラリアの主要携帯会社は、Vodafone、Telstra、そしてOptusの3つです。プリペイドSIMカードを購入するには身分証明書とオーストラリアでの住所が必要になってきます。住んでいる場所はホテルでも問題ないので、ホテルの住所コピーを持参するようにしましょう。購入場所は街のコンビニエンスストアや携帯電話ショップで可能です。

ほとんどのプリペイドSIMカードを提供している会社が高速通信であるLTEに対応しています。各会社とも価格は似ていて、50~80オーストラリアドル(約3,800円~約6,100円)で2GB~3GBのインターネットが使えます。日本のデータ通信費と比べたら若干割高です。

またSIMカードを購入した後、利用できるまで10分ほどかかるみたいです。

中国でのSIMカード事情

近いので中国に行く日本人はとても多いと思います。中国でのSIMカード事情について紹介します。主要携帯会社は3社で、China Mobile、China Union、そしてChina Telecomです。SIMカードの購入にはパスポートといった身分証明書が必要です。

購入場所は、北京市内ならどこでこ購入できるのと北京首都国際空港でも購入可能です。空港の店舗では英語のできるスタッフがいるようなので、中国語ができなくても安心です。

China UnionのプリペイドSIMカードの料金例です。

・3GプリペイドSIMカードは86人民元(約1,000円)

これに追加で46人民元(約550円)/月のプランを利用すると、50分の通話と150MBのデータ通信が可能です。

通信が3Gなので、普段からLTEを使っている私たちにとってはやや遅く感じるかもしれません。

あまり馴染みのない国 インドだが結構人気がある

最後に紹介するのは、あまり行っている日本人を聞かないかもしれないインドです。しかし、意外と観光などでインドを訪れている日本人の人は多いです。

インドでは、たくさんの通信業者があります。インドでプリペイドSIMカードを購入する際には、身分証明書とパスポートサイズの証明写真に加えてホテルの住所が必要です。街の通信事業者の店舗でも買うことはできますし、空港でも購入可能です。

一般的な利用料金は3G回線を使ったもので、103ルピー(約150円)で3GB/30日間です。他の国に比べるとかなり安いです。ただ、インドではまだ3Gが主流になったばかりなので、通信速度には期待は持てません。

欧米のオランダとオーストラリア、そしてアジアの中国とインドのプリペイドSIMカード事情を紹介しました。

各国、申し込み方法や利用できるデータ容量、料金は違うので、訪れる際にはこの記事を参考にしてみてください。海外は、一般的にSIMカードを購入する際にはパスポートなどの身分証明書が必要になってくるので、必ず持っていくことを忘れないでください。

では、プリペイドSIMカードを使って海外でもスマホライフを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加