HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > フリック入力のメリットとは?ユーザーの半数程度が利用している入力方法

格安スマホ・MVNOまとめ

フリック入力のメリットとは?ユーザーの半数程度が利用している入力方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンでメッセージやメールをする際に、どのように文字をタイプしていますか?フリック入力というものを聞いたことがありますか?

実は、10代の約63%のユーザーがこのフリック入力を使ってます。今回は、その大人気「フリック入力」について紹介します。

目次

 

フリック入力とは?

そもそもフリック入力とは、どのようなものなのでしょうか?

フリックとは英語「Flick」、「指でさっとこする」という意味になります。その意味のように、キーボードをタップすると、その周囲に「い」、「う」、「え」、「お」などの選択肢が出てきます。それを指で払った方向の文字が入力されるのが、今回紹介するフリック入力です。

友人や電車などでスマートフォンを利用している人が、このような入力方法を使っているのを見かけたことがある人は多いと思います。

フリック入力に慣れると、今までやっていた文字を連打することによって入力する従来のタイピング方法では、できなくなるほど快適で高速な入力方法と言われています。

実際、筆者の周りの友人や外で見かける人のほとんどの人が、このフリック入力を使ってタイピングしているのをよく見かけます。友人に、「フリック入力って時間がかかって面倒くさいのでは?」と聞いたことがあるのですが、もうこれに慣れてしまえば元には戻れないと言っていました。

人気の理由は何と言っても速い

実際の調査でも、スマートフォン利用者の実に46パーセントの人がフリック入力を使っていることが明らかになっています。この調査は、2015年株式会社ジャストシステムが行ったものです。

特に、世代別で見ても15歳から19歳の若い人に最も人気で63%がフリック入力を使っています。逆に、その中で最も少ないのが30代の約40%。これにはいくつかの理由があります。

例えば、30代という年代はまさにガラケー世代でトグル入力に慣れている人が多からと考えられます。トグル入力とはボタンを押して文字を探す入力方法のこと。

フリック入力の人気の理由は、やはり高速入力が可能だからです。例えば、あいうえおの「お」を打ちたい時に、「あ」のキーを5回タップしなければいけませんが、フリック入力なら「あ」タッチして「お」の方に指をスライドさせるだけなので2回のタップで済みます。

これが一文字や二文字ではなく、文章のような量で考えるとどうでしょうか?当然、メッセージやメールをする時には単語ではなく長い文章を入力することもあります。

その時に、従来の入力方法かフリック入力どちらが結果的に時間を何倍も短縮できるでしょうか?当然、フリック入力の方が速いです。このようにフリック入力の一番の魅力は高速入力なのです。

フリック入力に慣れるまで時間がかかるのも現実

フリック入力は、速い速いと言っても入力方法を変えれば、慣れるのに時間がかかります。フリック入力に変えて、その日のうちに他の人がやっているように速く入力できるとは限りません。あくまでも個人差はあります。多少なり時間や練習が必要になってくることでしょう。

ただ、そこまで心配する必要はありません。毎日入力をしていれば、人間は勝手に慣れてくるものなので、パソコンのキーボードのようにタイピングの練習が必要ということではないです。

まずは、メッセージなどをする際に遅くても良いので、なるべくフリック入力を使いタイピングをしてみましょう。そうすることによって徐々に慣れてきます。

フリック入力の便利テクニック

ここからは、フリック入力の便利テクニックを紹介します。まずは、顔文字の入力の方法についてです。

iPhoneの場合、キーボードのちょうど左下に顔文字のマークがあります。これを押すとキーボードの上の予測変換欄に顔文字が表示されるようになります。また、Androidであれば「123 」を長押しすることで、顔文字入力ができるようになるので、覚えといておきましょう。

iPhone の顔文字では、オリジナルの顔文字を辞書登録できるので、もし必要であれば設定してみると便利になるでしょう。

次に、「あああああ」などのように連続する文字を素早く入力する方法について。

デフォルトの設定のままだと、「あ」のキーボードを連続して押すと自動的にトグル入力に切り替わり、「い」になってしまったり、「う」になってしまったりします。

これを避ける方法としてiPhone の場合は、「設定」から「一般」、そして「キーボード」と進みす、ここ「でフリックのみ」をオンにしましょう。

Androidスマートフォンでは、機種によって設定方法は異なってきますが、ソフトウェアキーボードの設定を「ケイタイ+フリック入力」などから「フリック入力」にすれば問題ありません。これで。トグル入力に勝手に変わることはなくなります。

何倍も早くタイピングのできるフリック入力を是非有効活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加