HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > iPhoneを急速で充電するための安全な知識

格安スマホ・MVNOまとめ

iPhoneを急速で充電するための安全な知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

誰もができるだけ早く充電できることを望んでる

 

近年では、携帯電話市場も変化し、大半の携帯電話ユーザーが従来のガラケーではなくiPhoneなどのスマートフォンを利用しています。スマートフォンは非常に便利で高機能である反面、電池の持ちが懸念されます。また、電池があまり持たないということはその分充電を頻繁にしなければならないということです。

その充電スピードは早ければ早いほど、ユーザーにとってはありがたいことです。その短縮した時間で時間を有効活用できるからです。世の中にはiPhoneを急速で充電する方法が溢れています。しかし、中には確かに急速充電できるのですが、適切ではないやり方が存在しているのも事実です。

 

機内モードで充電は鉄板

00
iPhoneには飛行機などで電波を発さないための機内モードというのが存在します。この機内モードはたいていの人は聞いたことも知っている人も多いと思います。この機内モードと急速に充電するのには非常に良い関係性があり、急速に充電したい場合にまず第一にするべきことです。なぜ機内モードで充電をすれば、急速になるかというと、機内モードにすることにより、すべての電波を遮断します、その結果、iPhoneは眠っている状態になり、余計な労力を使わなくなります。iPhoneは充電だけに集中するというわけです。

また、機内モードで充電するメリットの一つとして、通信を遮断するのですが、wifiはオンにし使用できることです。電源を切り充電をすれば、wifiさえも何も電波を掴みませんが、機内モードでは急速に充電をできるのに加えて、wifi環境下でiPhoneを使用することも可能というわけです。

 

電力が強い急速充電地はiPhoneにとっては負担

 

街の電化製品店やインターネットのショップなので見かけたことはあるかもしれませんが、アップル純正ではない充電機で急速充電可能というものが非常にたくさんあります。確かに、理論的に言えば電力が強ければ強いほど充電の際に与える量が増えるので、充電時間も短縮は可能です。しかし、ここで気をつけなければならないことがあります。それは、もちろんiPhoneにも適切な電力の数値があり、それを超えて充電をすればiPhoneには非常に負担がかかります。必ずiPhoneが故障するとは言い切れませんが、負荷はあるので、最悪の場合故障という結果になりかねません。

単に電力の強さを見て、iPhoneも急速に充電できるという方程式は必ずしも正しくはないということも覚えておいてください。iPhoneが故障してしまっては元もこうもありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加