HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 故障?不具合?お金をかけて修理に出す前にいくつかチェックすること

格安スマホ・MVNOまとめ

故障?不具合?お金をかけて修理に出す前にいくつかチェックすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンは機械なので、故障は当然ながら起こりえることです。いざ急にスマートフォンが作動しなくなっては焦ります。しかし、それはただの不具合かもしれません。ただの不具合なのに修理と勘違いをしてお金を払って修理に出すのはもったいないです。

今回は、スマートフォンでの故障みたいだけど不具合の症状を紹介していきます。

目次

まず修理に出す前にチェックしたいlig_konoapuritukaenai_tp_v

スマートフォンを使っていて、「なんだか動きが鈍くなった」「急に電源が切れる」などの不具合を一回は感じたことはあると思います。

果たして、その「不具合」はただの不具合でしょうか?それとも端末が故障してしまっているのでしょうか?見分けるのは簡単ではないです。どちらかわからないがために、お金をかけてとりあえず修理に出した人もいるでしょう。

ただ、それがもし故障ではなく、ただの不具合なら修理に出さなくても構いません。スマートフォンの動作がなんだかおかしいなと感じた際に、ここからチェックしたいポイントを紹介します。

画面が固まったまま反応しない

スマートフォンではアプリが使えます。ついつい便利なアプリなので、開いたまま放置しておくと、たくさんのアプリが端末内に同時に開いている状態になり、パソコンでよくある「フリーズ」状態になることがあります。

当然ながらフリーズしてしまうと、スマートフォン本体は動かなくなります。一見、動作しないで画面が固まっているので、「故障では?」と思いますが、故障よりはただスマートフォンがフリーズしている可能性の方が高いです。

対処法としては、強制終了や再起動をかけてみることです。ただし、動作しなくなってすぐは、端末内部でなんらかの処理をしている可能性があるので、処理中に強制終了や再起動をしてしまうと不具合の原因になる恐れがあります。

しばらく回復するのを待ってから、それでも動かない場合は強制終了や再起動を実行してみましょう。

電源が入らない

高性能なスマートフォンなので、それだけ電力消費を高くなってきます。WiFi、Bluetooth、アプリなどの自動で通信を行うものをオンにしたままにしておくと、使っていなくても電力を消費している場合があります。そうなれば、知らないうちにバッテリー残高がゼロになり電源が切れている可能性があります。

スマートフォンのバッテリーが完全にゼロになっている状態では、いくら電源キーを押しても動作はしません。充電をして、ある程度たまってから電源がつくスマートフォン端末が多いです。しばらく、充電ケーブルに繋いで置いておきましょう。

充電ができない

充電が全くできない!と故障を疑う人はいると思います。充電ができなければ、もう使えないのでかなり焦ります。

しかし、これは故障ではなくただの不具合というか注意不足の可能性があります。それは、充電ケーブルがしっかりと端末やコンセントに繋がっているか、うっかりと別の充電ケーブルを使っていないか、など’’うっかりミス’’がこの不具合を招いているケースがあります。

もう一度、充電をするために正確なケーブル、しっかりとコンセントに繋がっているかを確認してみましょう。

スマートフォンが異常なくらい熱い

スマートフォンはコンパクトなボディに高性能なCPUなどを詰め込んでいます。言い換えると、小さなパソコンのようなものです。その小さなボディに、パソコンのようなファンをつけることは難しくなります。

そのため、アプリやたくさんの機能を同時に使っていると、スマートフォンの本体の熱がたまり端末がとても熱くなることがあります。

対策としては、スマートフォンの機能で「節電」というものがあれば、その機能を使ってみることです。

勝手に電源が落ちる

スマートフォンでは、異常なデータから端末本体を保護するために自動的に電源を落としたり、再起動を繰り返したりする場合があります。

勝手に電源が落ちるので、故障だ!とすぐに判断をしてしまっては、間違えている場合もあるので注意したいです。

このケースでは、不要なアプリやデータを端末から削除することで解消されることが多いです。それか、端末購入時の状態に近い「セーフモード」というのを起動してみるのもいいでしょう。

それ以外の不具合shi85_mizuninurashitemouta_tp_v

上記以外にも、故障みたいだけれども実は不具合だったということはあります。その代表例としては、精密機械であるスマートフォンは、落下により衝撃や水濡れによって故障してしまうことがあります。

特に水没なら外見に大きく影響が出るわけではないので、気づかないケースがありますが、内部の部品が破損している可能性があるので気をつけたいポイントです。

なんだか動作がおかしいなと感じた場合は、自分で点検できるならするのがいいですが、それでもわからない場合はショップなどで点検をしてもらうことで原因がはっきりとわかるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加