HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > 格安スマホが故障した際はどうすればいい?

格安スマホ・MVNOまとめ

格安スマホが故障した際はどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく買った格安スマホが壊れてしまったらどうしますか?もちろん機械なので、故障する可能性はあります。

今回は、格安スマホが壊れた際にするべきことを幾つか紹介します。これを知っていれば安心です。

目次

そもそも格安スマホって壊れやすい?

PAK75_waretaekisyougamen20130720_TP_V

とても低価格でスマートフォンを購入できる格安スマホですが、実際のところ故障の頻度ってどれくらいあるのでしょうか?また格安なので他のスマートフォンよりも壊れやすいのでしょうか?

端的に言うと、格安スマホなので故障しやすいといったことは基本的にはないでしょう。そんなに脆いものではありません。ただ、iPhoneなど他のスマートフォンと同様にもちろん壊れることはあります。

例えば、防水機能のないものなら水濡れによっての故障や、バッテリーが保たなくなってきたなどがよくあるでしょう。あと、歩きスマホをすれば落下して画面を割ってしまうこともよくあります。

ではiPhoneなどのようにしっかりとした保証が格安スマホにもちゃんとあるのでしょうか。

1年間のメーカー保証を活用

まず、格安スマホが壊れた際にはメーカーからの1年間の保証があるので安心してください。このメーカー保証というのは、期間内であれば自然に壊れた場合のみ無料で修理してくれるサービスです。自然に壊れるとは、特に落下や水没をしていないけれどもスマホが動かなくなったなどのことです。

落としてスマホが割れたり水没などの自然故障以外の場合は、かなり高額な費用がかかってくるので注意が必要です。

また、このメーカー保証では基本的に修理期間には代替え機は貸してもらえません。したがって、しばらくの間はスマホなしの生活になるのでかなり不便になるでしょう。

MVNOにも保証プランがある

続いての保証は、格安スマホで契約しているMVNOからのものです。この保証は、MVNO会社によって詳細内容などが変わってくるので一概にどのようなものかは言えないですが、だいたい月額400円~5oo円を払うことで、自然故障はもちろん自然故障以外でも5,000円ほど払えば新しいスマホに交換してくれるサービスです。

MVNOの保証の最大の特徴は、たいていの故障に対応している点と新しいスマホをすぐに送ってくれるのでメーカー保証のように手元にスマホがないという状況にはなりません。

基本的に、以上の2つの保証があります。少なくても無料で1年間はメーカからの保証があるので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加