HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > 中古でSIMフリーのiphone5cを買う前に知っておいてほしいこと

格安スマホ・MVNOまとめ

中古でSIMフリーのiphone5cを買う前に知っておいてほしいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリー5cは5Sが出た際に5をベースとして価格を下げて販売されているiphoneです。
機能面では5sには劣りますが十分使える機能が満載ということ、価格が安い、色がいろいろあるなどもあって人気の機種です。

購入する際の注意点 SIMロック

iphone5cを狙う際には3つのことを注意しておきたいところです。
1つ目の注意点はSIMロックについてです。
各通信キャリアから販売されている機種については基本的にSIMロックと呼ばれる他の通信キャリアで使えない機能がついています。

SIMロックは外せませんが、通信キャリアによっては外してくれることもありますが中古市場ではあまりみかけません。他の通信キャリアでも使いたい、海外でも使いたい場合にはSIMフリーの5cを探すことをおすすめします。

購入する際の注意点 周波数帯

6--13

2つ目の注意点は使える周波数帯です。
ソフトバンクやAUで販売されている機種はNTTドコモの周波数帯で利用できません。
そのため、SIMフリーであってもMVNOで利用できない、もしくは周波数帯の一部が繋がらないということもありえます。

MVNOでの運用では特に周波数帯をチェックしたいところです。
SIMフリーのiphoneの場合でも日本のアップルストアで販売されたモデル以外は周波数帯が合わない可能性がとても高くなります。

購入する際の注意点 ロック

3つ目はCAREERによるロックです。
SIMフリーの5cを買う際、通信キャリアでSIMロックを外したモデルの場合は中古で出回っている場合でもいきなりロックがかかる機種があります。

必ずかかるわけではありませんが、支払状況などによってiphoneが使えなくなるケースが多くありますので注意したいところです。
特にオークションなどで購入する場合は相手が信頼できるか分かりませんので、不安を感じる場合はロックの際に保証してくれるお店を選んで買うことが必要です。

相場的には高めになりますが、個人売買に比べて安心して利用することができます。
また、通信キャリアの端末をSIMフリー化した機種を買う際にはテザリングの有無もチェックしたいところです。

通信キャリアによってはSIMは自由に変えられてもテザリングが使えない機種であるケースが多くなっています。テザリングの利用の有無は必須ではありませんが、複数端末で1つの回線を利用する場合にはあったほうがよい機能ですし、他に売却する際もテザリングの利用の有無は価格に大きく左右される問題となっていることが多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加