HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > ここまで安くなる!?格安スマホの相場

格安スマホ・MVNOまとめ

ここまで安くなる!?格安スマホの相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯代が2,000円台?!

『月々の携帯使用料が2,000円台!!』こんなことを聞いたことのある人は多いと思いますが、格安スマホとは一体どのようなものなのでしょうか。
耳にすることが多くても、いまいちよく分からない人も多いでしょう。
格安格安といってもなんだかんだで高くなるのではないか、安い分電波が悪かったり携帯がすぐに壊れたりするのではないか、と不審に思う人も多いのかと思います。

しかし、実際は多くの人の使用され急速に広まっています
相場が2,000円台の格安スマホには、安さだけではない、利用されるだけの安心感があります。

格安スマホ

格安スマホとは、自分の使いたい携帯電話と自分の利用したい通話プランをそれぞの会社から選び、自分に合った通話プランを安く設定するものです

もちろんどちらも同じ会社で買っても構いませんし、セットで買うことによる割引のあるところもあります。

なぜ安くなるのかと言うと、基本使用料が含まれない通話した分だけの通話料を払えばいいからです
ドコモ、au、ソフトバンクに契約している人の携帯の料金には、基本使用料が含まれており、普段あまり携帯で電話をかけない人もインターネットのサイトを見ない人も、それなりの金額を払っています。

格安スマホとは、その使わない分の支払いを止め、使う分だけの料金を払えるようにしたものです。

MVNOと言われる業者と契約するのですが、Y!モバイルや楽天モバイル、IIJ、BIGLOBE、DMMモバイルなどの会社があます。

これらの会社がドコモ、au、ソフトバンクからネットワークを借り受け、simカードを提供します。
このsimカードを携帯電話やスマートフォンにセットすると、使うことができるようになるのです。

信用でき安心できる企業が多いですし、家電量販店やそれぞれが運営するショップで購入することができるので、実際に機種を手に取り選ぶことができ、対面で契約でき、購入後もサービスを受けることができ、安心できます。

使用料金

月々の使用料ですが、相場は2,000円台です
携帯の機種も同時に買いセットで契約し、機種代を月々の分割にした場合です。

電話はラインを使う、自分からはあまり電話をしない、ネットは自宅のWi-Fiを使うし外ではあまり繋げないという人は、どこの会社でも大体2,000円~3,000円で契約できます。

初期費用として、契約手数料10,000円、sim初期使用費用3,000円、電話便号引継ぎ手数料3,000(あくまで一例です)がかりますが、月々5,000円以上携帯代が安くなる人にとっては、数カ月で元が取れるようになります。

また、機種を買い換える時はプランはそのままにしておけますし、プランだけを変える、契約会社を変える、といったことも自分のニーズに合わせてできます。

格安スマホとはこれほどまでに安心感があり使用料が安く、自分の好みや使用頻度に合わせて柔軟に使うことのできる便利なものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加