HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > これさえ読めばわかる!SIMフリーの解説

格安スマホ・MVNOまとめ

これさえ読めばわかる!SIMフリーの解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

simフリーとは、なんでしょうか。

なんとなくは分かるけど、いまいちよく分からないと思う人も多いのではないでしょうか。
今回は「simフリーとはなにか」を解説します。

SIMフリーとは?

simフリーとは、格安スマホのことです。

ドコモ、au、ソフトバンクと契約しなくても、その通信網を利用でき、通話もデータ通信も利用した分だけ支払えばよいというもので、今注目されています。

Y!モバイルや楽天モバイル、IIJ、BIGLOBE、ニフティ、OCN、DMMモバイルといった、有名で聞いただけで安心できるMVNOと言われる業者が、ドコモ、au、ソフトバンクからネットワークを借り受け、simカードを提供しています。

simフリーとは、それらの会社と契約し、そのsimカードをセットし利用するスマホのことです

機種は自身でお好み合わせて買いかえることができ、simカードは料金プランに合わせて変えることができます。
機種もプランも同じ楽天モバイルのようなMVNOで買うこともでき、セットでプランに入ることもできます。

SIMフリーの魅力

simフリーの魅力は何といっても、その安さです

機種代込みの分割払いにしても月々2,000円台で利用できるのです。
ドコモ、au、ソフトバンクにある基本使用料を払わなくていいため、使う分だけ支払えばよいので安くなります。

機種代を除いた月額利用料が3Gまで使えて1600円前後の会社も珍しくはありません。
電話は自分からあまりかけない、主にラインを使っている、ネットは家ではWi-Fiがあるし外ではあまり繋がない、という人にとってはこのプランで十分です。

電話もデータ通信も、使っていないのに毎月基本使用料を払い月々7,000円、8,000円払っている人にとっては、こちらの方がいいのは言うまでもありません。

また、機種代も安く、最低限の機能の機種なら6,000円~、一般の機能なら1,5000円~29,800円、ハイスペックや防水、お財布ケータイのものでも40,000~50,000円台と、スマホよりも安くすみます。

その他に、機種購入時や契約時の縛りが短いのも、simフリースマホの魅力です。
機種代を2年の分割にしてしまったら2年間は使わないといけませんが、そうでなければ、だいたいどこの会社も5カ月~1年間の縛りで済みます。

まとめ

simフリーとはなにかと解説するのであれば、安くて縛りの短い契約で、自分の使用頻度に合わせて柔軟に機種やプランを変えることのできるスマートフォン、ということになります。

インターネットで購入しなければならないものではなく、家電量販店やそれぞれのMVNOのショップで実際に機種を手に取り、対面で契約することができるのも、安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加