HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > 毎月の通話料ってどの位?格安SIMで比較

格安スマホ・MVNOまとめ

毎月の通話料ってどの位?格安SIMで比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安simを手に入れようとしたときに、データ専用のプランではなく通話機能もつけたいと考える人も多いでしょう。
ただのインターネットを使用するためのアイテムとして使用するのではなく、普段の電話機として使用したいと思うとその通話料の気にかかるものになります。

格安simを提供している会社を比較してどのくらいの月額がかかるのかということを理解しておくと助かるに違いありません。

通話料無料の時代であることへの留意

始めに理解しておかなければならないのは格安simで通話機能が必要かどうかということです

現代は通話料無料の時代ともいえる状況となっており、アプリを活用すれば実質的に無料で知人と連絡が取れるようになっています。
そのため、090/080/070の番号が欲しいという理由や不特定の人との連絡をとる必要があるという場合を除けばデータ専用プランを利用してアプリで無料通話をすると実質無料にできるということは知っておかなければなりません。

その上で各社の比較を見ていくということが大切です。

提供会社間での通話料金の違い

格安simを利用する際には通話プランによって通話料が異なるかということも気になるでしょう。

しかし、この点においては各社が一線に並んでいるのが現状であり、20円で30秒間の通話をすることができるようになっています。
毎月一時間通話する人の場合には2400円が費用となります。

特別に長電話をする必要もなく、時折必要に応じて電話をするという人の場合には数十分程度というのが一般的であり、2400円を上回ることはなかなかないでしょう

固定プランの存在にも注意

通話量が多いという人の場合には定額プランを利用すると安くなります。
格安simで比較をする上ではこの観点が唯一重要になるところです。

月額の固定料金で5分以内であれば何度でもかけられるというプランや、時間や回数に限らずに無制限になるプランを提供している格安simもあります。
10分以内の通話が100回までかけることができるプランや、割安になる無料通話分が提供されているプランもあることから、どの程度の通話をするのかに応じて会社を選ぶことがとても重要になるでしょう。

電話をすることをメインとして使用していく場合にはこういった固定プランがある会社の中から、自分のニーズに合ったプランを選ぶと毎月の通話料を節約することができます

通話機能のあるプランを選ぶ際には注意しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加