HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > 比べて得する!格安スマホ端末の価格比べ

格安スマホ・MVNOまとめ

比べて得する!格安スマホ端末の価格比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホは、多くのスマートフォンユーザーに支持されており、近年では、多くのMVNOから格安スマホが発売されています。
その為、価格を比較して端末を選ぶ事が初期コストやランニングコストを下げる為のポイントとなっています。

格安でスマホを使う

格安スマホの購入を考えている場合、どのような端末が販売されているのか、MVNOからどのような回線プランが提供されているのかを調べなくてはいけません
端末と回線をセット販売しているのは、富士通やソニーモバイルやシャープなどの国内メーカー、ASUSやファーウェイなどの海外メーカーなどです。

これらのメーカーは、ASUSを除いて、キャリア製のスマートフォンを販売していますので、端末の性能は十分です。

MVNOとしては、OCNやBiglobeや楽天などが参入しており、大手キャリアの回線を借りて事業展開をしていますので、通信状況は安定しています。

料金も大手キャリアよりも多い容量設定でありながら、月額料金が数千円となっていますので安いです

格安スマホの価格を比較する

格安スマホの種類は、人気機種を格安SIMとセット販売する事を念頭に置いてブラッシュアップしており、ソニーモバイルでは、Xperiaシリーズのミドルエンドクラスの製品を販売していたり、富士通では、arrowsシリーズのコンパクトモデルを発売しています。

海外製品では、ASUSのZenFone2シリーズとの組み合わせを行っているMVNOが多いです。
SIMフリースマートフォンですので、SIMが対応していれば、どのキャリアの回線でも使えるのが強みです。

ファーウェイでは、高性能オクタコアプロセッサ搭載のP8liteが人気になっています。
これらの端末価格帯は、3万円から5万円ほどとなっており、大手キャリアで販売されている端末の通常価格の平均が8万円である事を考えますと、とても安いです

格安SIMとの月額料金は、数千円程度ですので、安く格安スマホを使いたい時に重宝するでしょう。

格安スマホでデジタルライフを豊かにする

現代社会では、色々な物を調べるのにネットを使う機会が増加しています。
スマートフォンは、インターネットに接続してWebサービスが使いやすいコンピューターですので、一台持っておくと便利です。

安く導入したい場合には、格安スマホの購入を検討しても良いでしょう。
最近発売されている機種は、メインで使うのにも十分な性能を持っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加