HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 海外旅行者必見!【iPhone】はSIMフリーにするべし!

格安スマホ・MVNOまとめ

海外旅行者必見!【iPhone】はSIMフリーにするべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアによるSIMロック

現在、日本には、3つの大きな携帯電話のキャリアがあります。

全キャリアでiphoneが発売されていますが、各キャリアで販売するiphoneには「キャリアロック」と言って、そのキャリアのsimしか受付ないようにロックをかけています

iphoneの中に入っているiosは同じで、使い方も同じなのですが、各キャリアのサービス提供に応じて、仕様が変えられています。
同じ移動機端末であるにも関わらず、このキャリアロックの縛りがあることで、他社のsimでは通話ができないようにロックをかけているのです。

端末の発売元は同じであっても、キャリアを介在させることで、そのキャリアの契約に縛られる仕組みになっているのです。

SIMロックをしている理由

なぜ、このようにキャリアロックがかけられているかというと、通信会社にとって、移動機単体はあくまで、通信料を発生させる為の道具で、それによって通話料であったり、通信料を稼いでいるからです

もし、他社のsimで使えるようにすれば、その儲けがなくなってしまうから、自社のsimしか使えないようにしているのです。
しかし、移動機端末を製造するメーカーとしては、自社の端末の売れ行きがキャリアのサービスによって左右され、キャリアの配下にいる状態です。

特にiphoneは全世界で販売されており、世界中で共有して使われている移動機端末です。

携帯電話会社は、この人気の「道具」を使って通信料を稼ごうと、アップルと交渉してその販売権を獲得しました
しかし、消費者は、そのキャリアで購入することで、そのキャリアの契約に縛られ、他のキャリアでは使えなくなってしまっています。

SIMフリーのiPhone

この問題を解決する方法が実はあるのです。

アップルストアで購入するのです。
アップルストアで販売されているiphoneは、simフリーといって、どのキャリアのsimも使える仕様になっています
これをsimフリー版iphoneといいます。

simフリーのメリットとしては、どのキャリアのsimも挿入して使えるという点です。
先ほど述べた、各キャリアによって仕様が変えられているという部分がなく、どのキャリアのsimにも対応できるようになっています。

例えば、海外旅行などに出かけて、海外で移動機端末を利用したいと思った時、日本の携帯会社で契約した移動機は海外の携帯キャリアのsimは挿入しても使えません。
しかし、simフリーの端末であれば、そういったキャリアの縛りがありませんから、海外の携帯電話キャリアのsimも使え、通信費を抑えることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加