HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > 中古のSIMフリーiphone4sはどうやって手に入れるのがいい?

格安スマホ・MVNOまとめ

中古のSIMフリーiphone4sはどうやって手に入れるのがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高機能端末の登場により、以前よりも益々携帯電話の月額利用料金が高くてなっています。月々8000円から9000円かかることが多く、高スペックの端末を購入した場合、端末の分割料金と合わせて1万円を越すこともあります。

月々1万円の出費は結構な出費になるため、これを節約したいと思う人は現実たくさんいます。何とか月々の利用料金を減らして、生活を圧迫しないようにしたいと思う人は結構いるのです。

MVNOサービスの事

そこでおすすめなのが現在注目されているMVNOサービスです。
キャリアが提供する回線を間借りしてサービスを行うものですが、なんと月々の利用料金が一番低いプランであれば900円で運用可能です。

データ通信と音声通話を合わせたプランでも月々3000円程度で運用ができます。
これまでキャリアに8000円から10000円払っていた人には大きな差があり、とても魅力的です。

しかし、このMVNOサービスを利用するためには、SIMフリー端末を自信で調達する必要があります。世の中には、格安のSIMフリー端末が複数ありますが、キャリアで使っていたiphoneをまた使いたいと思う人はいると思います。操作がとても簡単で誰でも親しみやすいiphoneはSIMフリー端末の中でも非常に人気です。

中古がおススメされています

6--1

新品でiphoneを購入するとなると、最新の端末であれば10万円必要になります。
折角月々の利用料金を安くしても端末代が高くてはあまり意味がありません
そこでおすすめなのが中古のiphoneです。

中古の端末はネット上もしくはパソコン専門店などで購入可能ですが、その価格はかなり安いです。人気の4sであれば2万円以内で購入可能で、最新の端末でも8割の価格で購入可能です。WEBページの閲覧や動画の視聴程度であれば4sでも全く問題はないでしょう。

新古品を見つけたらとってもお得

中古で販売されている端末の中には新古品といってほぼ使用されずに販売されているものがあります。4sにはその新古品の数が多く、新品同様に購入ができ利用し始めることができます。ほぼ新品の端末であれば、バッテリーやスマートフォンの動作で心配することはありません。普通に使うことができ、長い間端末の利用が可能です。

SIMフリー端末のiphoneをどうしても利用したいのであれば、こういった方法もあります。ちょっと古い端末ではありますが、それでも十分な機能があり普通に使う分であれば全く問題ないので、購入を検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加