HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > 意外と簡単!ソフトバンクのiphone4sをSIMフリーにする方法とは

格安スマホ・MVNOまとめ

意外と簡単!ソフトバンクのiphone4sをSIMフリーにする方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMとして人気のSIMカードをキャリアの端末に差し込んで利用する場合、必要な手続きや設定があります。キャリアが提供する端末には基本的にSIMロック制限がかけられています。

その状態でSIMカードを差し込んでもMVNOのネットワークに接続することはできません。
キャリアの店舗へ行き、SIMロック制限の解除手続きを行う必要があります。

持っている端末のSIMフリー化

ソフトバンクで手持ちの端末をSIMフリー化する場合、費用が3000円必要になります。
解除作業の受付は店頭もしくはウェブサイト上で受け付けています。

店頭で受付した場合はその場で解除の手続きが行われるため、数時間以内にSIMフリーとなった端末を入手できます。ウェブサイトから受付をした端末は一度キャリアの元に端末を郵送する必要があるので、2日から3日ほどかかります。これはソフトバンクだけでなく、他のキャリアでも同じことです。

その方法はどの端末も同じ

6--29

また、端末ごとに方法が変わることもありません
ソフトバンクで一番人気のiphone4sであっても基本的には同じです。急いでSIMフリー化したiphone4sを手にしたいのであれば店舗へ直接行くことをおすすめします。
後はSIMフリー化した端末にSIMカードを差し込み、設定を行うだけです。

通常は端末の設定画面よりAPNの設定を行います。専用のモバイルネットワークに接続するためのサーバー名やID、パスワードを入力していきます。入力に間違いがなければすぐにネットワークに接続され、インターネットを活用できます。

しかし、この方法は通常の端末の設定方法になります。
iphone4sではAPNの設定項目が存在しないため、特定のサイトからプロファイルのダウンロードが必要です。無料で入手できるファイルで容量はとても小さいです。ダウンロードしたファイルを特定の場所に保存するだけで設定は完了となります。

知識が無くても大丈夫

APNの設定のように、サーバー名やID、パスワードを入力する必要がないで、あまり知識のない人でも設定を行えます。特定の場所に保存した後は、すぐにネットワークに接続できます。なお、契約する格安SIMによっては正常に動作しないものがあります。

動作については格安SIMを提供している業者のホームページにて確認可能です。
動作確認ページがあり、そこでiphone4sで正常に通信ができるか確認が行えます。
多少手間ではありますが、結構簡単にSIMフリー化することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加