HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > そもそもiPhoneとAndroidって何が違うの?

格安スマホ・MVNOまとめ

そもそもiPhoneとAndroidって何が違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、スマートフォンには大きく分けて2種類あることを知っていましたか?スマートフォンといえば、iPhoneが思い浮かぶ人かもしれませんが、何もスマートフォンはiPhoneだけではありません。

今回は、スマートフォンのiPhoneとAndroidの基本的な違いについてお話ししていきます。

目次

まず使用しているOSが違う

iphone_6_plus_note_4_rear_camera_hero

まず一番大きな違いとしては、スマートフォンを動かすための基本ソフトであるOSがiPhoneとAndroidでは全く違います。iPhoneはAppleのiOSが基本ソフトですが、Androidには”Android”が搭載されています。

またiPhoneはAppleだけが販売しているスマートフォンですが、Androidはいろんな会社が独自のAndroidデバイスを販売している点も違います。

例えば、AndroidではSONY、SHARP、韓国のSamsungなど、本当に様々な会社から販売されています。OSはAndroidなので、同じですが、会社によってモデルが違うので操作方法が若干端末によって変わってきます。

利用できるマーケットが違う

続いては、スマートフォンを利用してとよく使うのがなんといってもアプリでしょう。非常にたくさんの無料、有料アプリが存在しており、私たちの生活に欠かせないものになっています。

このアプリをインストールする場所がiPhoneとAndroidでは違ってくるというわけです。iPhoneではAppleが運営する「App Store」からアプリを購入しますが、AndroidではGoogleが運営する「Google Play」からアプリを購入します。

またAndroidではPlayストア以外にもメーカーや個人のサイトからをアプリを購入できるという点がiPhoneとは違います。AndroidはiPhoneに比べて自由度が高いのが特徴です。

日本独自の機能がるのはAndroidだけ

最後に紹介するのは、Androidだけができることです。それが、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水といった日本独自の機能を備えていることです。

特に日本では、Edyといった電子マネーがとても普及しているので、Androidのおサイフケータイ機能はかなりありがたいです。

iPhoneは上記で述べた機能に対応していません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加