HOME > すべての記事 > SIMフリータブレットについて > iPad・Androidタブレットそれぞれのメリットとデメリット

格安スマホ・MVNOまとめ

iPad・Androidタブレットそれぞれのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリータブレットには、基本的にiPad・Androidと2種類あります。タブレットの購入を検討している人にとってどっちがいいのか選ぶのは難しいです。

今回は、そのiPad・Androidタブレットのそれぞれの特徴を紹介します。

目次

iPad編

Android編

初心者に向いている

9125f9455a0375a654103d155869f5dc

まず、はじめに紹介するのは私たちがよく知っているAppleのタブレットであるiPadです。iPadには、液晶サイズが違う3種類のモデルがあります。大きなものから、iPad Pro(12,9インチ)、iPad(9,7インチ)、そしてiPad mini (7,9インチ)となっています。カラーバリエーションは、基本的にシルバー、スペースグレイ、ゴールドです。モデルによっては、女性に大人気のローズゴールドもあります。

iPadシリーズの最大の魅力はなんといっても、洗礼されたデザインに高性能なタブレットという点です。iPadをオススメする人は、使い方がシンプルなのでタブレットを今まで購入したことがなく、どのように使うかがわからない初心者に最適です。

操作がとても簡単

61c20efd834d3a761c97dccf138c1fdd

上記でも少し述べましたが、iPadはとても操作が簡単にできています。ホームボタンはiPhoneと同じで一つだけですし、iPhoneを使っている人なら操作はほぼ同じなので迷うことはないでしょう。

また、iPadはAppleからしか発売されていないので、Androidのように会社によって操作が違うこともありません。

AndroidにはなくiPadにしかない特徴は、操作の簡単さと洗礼されたデザインです。

端末代がやや高い

そのiPadにも残念ながら欠点はあります。それは、端末代金がAndroidタブレットに比べて高いことです。Apple製品は基本的にすべて高いですが、このiPadも例外ではありません。最新のiPad Pro(9,7インチ)128GBモデルでも、66,800円します。

最も小さな液晶サイズのiPad mini 4でも、16GBモデル42,800円します。分割で支払うことは可能ですが、やはりiPadは少し高いです。

カスタマイズができる

Androidタブレットの最大の魅力は、iPadではシンプル性が謳われている中、非常に自由度が高く自分の好みに合わせてカスタマイズできる点です。カスタマイズできるので、初心者の人向けというよりはタブレットに詳しい人の方が自分好みに出来るのでいいかもしれません。

何がカスタマイズできるのかというと、基本的には表示画面でのアプリの配置や配置数などを自由に変更ができます。

たくさんの選択肢から選べる

続いて、Androidではたくさんの違ったモデルから選ぶことができます。

例えば、格安モデルや軽量モデル、小型モデル、大型モデルといったように自分の使用用途にあったタブレットを選択できるのがAndroidのいいところです。また、Appleのように一つの会社からではなくいろいろな会社からタブレットが発売されているのも特徴的です。

自分用にカスタマイズしたくて、しかも安く手に入れたい人にはAndroidタブレットがオススメです。

端末代はiPadに比べると安い

Androidタブレットのメリットは他にもあり、端末代がとても安いことです。Fireタブレットのような格安モデルでは、10,000円以下でも購入ができます。このFireは7インチのディスプレイに8GB、16GBの容量から選べます。また、Amazonで購入したコンテンツ、Fireタブレットで撮影した写真は無料で容量無制限にクラウドに保存ができます。

Fireタブレットの他にも、高性能で安いタブレットがAndroidにはたくさんあります。

OSのアップデートにやや不安あり

022_i

iPadは、iOSを使用しており、アップデートも定期的に更新されます。それに比べて、このAndroidタブレットのOSのアップデートがやや不定期でリリースされてからもメーカー側やキャリアによってすぐには公開されないことがあります。これは、Androidにはたくさんの別の会社から発売されているのが原因と考えられます。

iPadとAndroidタブレットには、それぞれ特徴があり、自分の用途に合ったものを選べば最適のタブレットが見つかるはずです。

基本的に、iPadは高価だけどデザインが良く高性能で、Androidタブレットはいろいろなモデルがあり、端末代は安いことが多くカスタマイズができるという特徴です。

iPadはデータ容量を増やすことはできないですが、Androidタブレットには、必要なデータを保存できるSDカードが使用可能という点も覚えておきたいです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加