HOME > すべての記事 > SIMフリースマホの選び方ポイント > ≪格安スマホ≫端末選びの3つのポイント!

格安スマホ・MVNOまとめ

≪格安スマホ≫端末選びの3つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の格安スマホとは

格安スマホとして話題を提供している場所が増えていますが、どのようなものがこれに当たるのでしょうか。

格安といえば値段が安いものということですが、この場合スマートフォンの通信料に関しての値段ということになります。
ガラパゴス携帯からスマートフォンへ移行を済ませて利用しているサービスも便利で満足しているけれど、通信料が月々6000ほどかかってしまい、高すぎると思っている方にピッタリなプランとなります。

この格安スマホを使うためには必要なものがいくつかあります。
まず、使用するスマートフォンが必要になります

また、MVNOとの契約をし、SIMカードを取得し利用を開始することが出来ます

格安スマホとMVNO

上記に示したSIMやMVNOとスマートフォンの関係を書いていきます。

スマートフォンを現在持っている方は各携帯会社でプランを組んで契約を済ませているはずです。
通常、契約を結んだ携帯はその携帯しか使うことが出来ません

しかし、スマートフォンがSIMフリーの機能を持った端末であれば、SIMカードといったものを扱うことが出来ます。
そしてこれを別の端末へ差し込むことで契約した内容のプランを別の端末で実行できるというものです。

スマートフォンの入手方法は携帯会社で購入したものに限らず中古市場やそれぞれ独自のものが開発されているので様々な端末を選ぶことが出来ます。

MVNOとはインターネットのプロバイダのようなもので、それぞれ携帯会社と同じように独自のプランを展開しています。
例を出すと、月々の価格を1000円未満に設定し、通信速度や通信容量を制限して提供をしていたり、より高い値段をつけてさらに情報通信に特化したプランも存在します。

実際に契約をするとSIMカードが送られ、それを端末に差し込んで利用することになります

格安スマホと今後

格安スマホといった情報が流れた今、携帯会社は様々なプランを提示して顧客を引き付けています。
中古市場が端末を蓄積していくことでさらに激戦となることでしょう。

携帯の選び方も多様化し、プランの設定やその携帯のバッテリー容量や見た目などのデザイン性、大きさなどの外的要因も選ぶ際のポイントといえるでしょう

特に携帯自体の値段も携帯会社で販売される新品のものは高く設定されています。
それだけ性能に信頼がおける証拠にもなりますが、毎年使うものを変えていくようなスタイルをとるのであれば中古で購入を検討し、SIMカードを差し替えていくと効率的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加