HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 通話対応SIMの人気2社を比較してみた

格安スマホ・MVNOまとめ

通話対応SIMの人気2社を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のMVNOでは、以前のデータ専用プランだけだったときと違って、音声通話もできるプランがあります。だいたいどのMVNO会社でも、音声通話対応プランを展開していますが、今回は、その中でも人気のある2社を比較してみました。人気のある、DMM mobileBIGLOBE SIMで、料金(データ3GBプランとともに)、音声通話の詳細、その他サービスを比較対象としました。

目次

毎月の料金

今回は、人気MVNO2社から音声通話対応SIMの比較をしていきます。最近では、LINEなどの無料通話アプリで電話をする人が多いですが、やはり未だにビジネスシーンなどでは従来の電話番号を使った通話が必要になってきます。そこで、格安のMVNOに乗り換えるが、電話番号を使った通話も欲しいというユーザーは多いと思います。

では、さっそく、人気MVNOのDMM mobileとBIGLOBE SIMの音声通話対応プランを見ていきましょう。

まずは毎月の料金

DMM mobile

  • 1,500円

BIGLOBE SIM

  • 1,600円

2社ともに、約1,500円という結果になりました。対して、料金に差はありませんね。たった100円ですが、やはり業界最安値を目指しているDMM mobileの方が安いです。

DMM mobileが少し優勢といった感じでしょうか。

通話料金がお得になるアプリ

022-50percent-off_free_image

続いては、通話料金が安くなるアプリについてです。MVNOで音声通話に対応しているプランには、独自の通話料金が安くなるアプリがあるのが一般的です。

では、この2社のアプリでどれほど安く通話ができるのかを見ていきましょう。

DMM mobile

  • DMMトークを利用すると通話料金が半額(通常は、国内の通話は30秒20円ー国内の通話は30秒10円に)

BIGLOBE SIM

  • BIGLOBEでんわを利用すると通話料金が半額(通常は、国内の通話は30秒20円ー国内の通話は30秒10円に)

通話料金が安くなるアプリに関しては、両社ともに半額で同じ通話料金です。

その他サービス

では、最後にその他のサービスを見ていきましょう。ここまで、2社ともにほぼ互角と言っていいでしょう。この最後のその他のサービスでどんな魅力的なサービスを展開しているのかが注目ですね。

DMM mobile

  • 低速時でも安心のバースト機能
  • 余ったデータ量を翌月に繰越
  • プラン変更が可能

BIGLOBE SIM

  • WiFiスポットが使える
  • 余ったデータ量を翌月に繰越
  • データ容量が足りなくなっても、追加できる

各2社ともに、魅力的なサービスを展開しています。共通しているのが、余ったデータを翌月に繰り越せる機能。

ここで、注目したいのが、BIGLOBE SIMのWiFiスポットが利用できること。街のWiFiスポットをうまく利用すれば、データ容量を節約できます。その他のサービスでは、BIGLOBE SIMがやや優勢といった感じでしょうか。

全体的に、あまり差はないですね。ただ、使用用途によって、どちらを選ぶかを決めるのが一番良さそうです。

DMM mobileの申し込みはこちらから

BIGLOBE SIMの申し込みはこちらから

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加