HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 主要MVNO2社の1GBプランを比較してみ1GB

格安スマホ・MVNOまとめ

主要MVNO2社の1GBプランを比較してみ1GB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、スマートフォンを使っている人の中でもライトユーザー向けであるデータ専用1GBプランを提供している人気MVNOのDTI SIMNifMo(1.1GBプラン)を比較していきます。

比較するのは、料金、インターネット品質、そしてその他の付加サービスです。

目次

毎月の利用料金

1GBプランと聞くと、かなり少ないデータ容量に聞こえるかもしれませんが、実際、1GBプランを必要としているユーザーは多いです。

現在、MVNOの1GBプランの料金は平均で約900円といったところでしょう。もちろんそのプランは高速通信であるLTEが使えるというもの。

1GBプランの用途は、普段あまりインターネットを使わない人や、スマートフォンを使う環境にほとんどWiFiがあるという人。

では、順に料金を見ていきましょう。

まずは、DTI SIM

  • 600円

次にNifMo

  • 640円

両社ともかなり安い料金設定になっていますね。若干ではありますが、DTI SIMの方40円安いという結果に。

インターネット品質

続いては、スマートフォンを利用する際に欠かせないインターネットの品質。いくら安くても、ストレスを感じるほどの遅いインターネットでは、使い物になりません。

通信速度を見ていきましょう。

DTI SIM

  • 225Mbps

次にNifMo

  • 262.5Mbps

NifMoの方が少し速いですが、僅差ですね。きになる速度制限については、両社とも、ある一定のデータ容量を超えると速度制限がかかります。しかし、DTI SIMには速度制限がかかる前にアラートしてくれる機能があり、大変便利です。

一方で、NifMoの1GBプランは実際、1.1GBまで使えます。100MBだけですが、DTI SIMよりも多く使えることになります。

付加サービス

alert-146730_640

最後に、お互いに差をつけれる付加サービスについてです。最近のMVNOにはたくさんの便利な機能やサービスがあり、私たちユーザーにとってはかなりありがたいことです。

まずはDTI SIM

  • 通信速度制限のアラート機能

次にNifMo

  • 公衆Wi-Fiサービスが追加料金なしで使える
  • ショッピングすると料金を割引する「NifMo バリュープログラム」

付加サービスに関して言えば、NifMoの方がやや優れている気がします。1GBという少ないデータ容量では、どのようにデータを節約するかがキーになってくるため、Wi-Fiサービスが使えるのはかなり大きなポイントです。

DTI SIMの申し込みはこちらから

NifMoの申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加