HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 主要MVNO3社の最低利用期間と解約金

格安スマホ・MVNOまとめ

主要MVNO3社の最低利用期間と解約金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNOの人気は右肩上がりです。今までのスマートフォン事情を根底から覆すほどの圧倒的な安さとサービス。これから、ますますシェアが上がりそうなMVNO。

今回は、そのMVNO(データSIMと音声通話対応SIM)の最低利用期間と解約金について、紹介と比較をしていきたいと思います。主要MVNOである、IIJmio、DMM mobile、そしてau回線からはUQ mobileを紹介します。

目次

圧倒的な人気のIIJmio
安さが魅力のDMM mobile
auの貴公子的存在のUQ mobile

圧倒的な人気のIIJmio

o0648038113197404222

基本的に、データ専用SIMのMVNOは解約金や最低利用期間がないです。それに比べ、音声通話対応SIMの場合は最低利用期間を設けているMVNOがほとんどです。音声通話対応SIMの最低利用期間はそれぞれですが、大抵は6か月というのが一般的でしょう。

では、主要MVNOを順に見ていきましょう。

まずは、MVNO業界で最も人気実力があると言われているIIJmioです。このIIJmioは、安定して高い評価を得ている、MVNOで一番おすすめできる会社と言っても過言ではないでしょう。

データ専用SIMの最低利用期間・解約金

  • ともになし

音声通話対応SIMの最低利用期間・解約金

  • 最低利用期間(12か月)
  • 解約金(12カ月-利用開始月を0カ月とした利用月数)×1,000円(税抜)

解約日によって解約金が変わるというやや変則的なスタイルですが、やはり音声対応SIMの場合は最低利用期間と解約金はありますね。

IIJmioの申し込みはこちらから

安さが魅力のDMM mobile

続いては、安さが他社を圧倒しているDMM mobile。MVNO業界で最も安いと言われているだけあって、本当に安いです。それに、豊富なプランを揃えており、私たちユーザーにとってもありがたいMVNOです。

データ専用SIMの最低利用期間・解約金

  • ともになし

音声通話対応SIMの最低利用期間・解約金

  • 最低利用期間(12か月)
  • 解約金(9,000円)

こちらもデータ専用SIMは最低利用期間と解約金ともになしですね。また、音声対応SIMはIIJmioと同様12か月が最低利用期間のようです。DMM mobileは解約金が一律で決まっており、9,000円と結構しますね。

DMM mobileの申し込みはこちらから

auの貴公子的存在のUQ mobile

最後は、au回線を利用しているUQ mobileです。このUQ mobileは、au端末を使っているユーザーに人気があるMVNOでしょう。では、気になる最低利用期間と解約金を見ていきましょう。

データ専用SIMの最低利用期間・解約金

  • ともになし

音声通話対応SIMの最低利用期間・解約金

  • 最低利用期間(12か月)
  • 解約金(9,500円)

こちらもデータ専用SIMには最低利用期間、解約金ともにありませんが、音声通話対応SIMは12か月という最低利用期間があるようです。また、解約金も他の2社と比べて少し高いですね。

UQ mobileの申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加