HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > MNPを使って三大キャリアから安さが評判のDMM mobileに乗り換え!

格安スマホ・MVNOまとめ

MNPを使って三大キャリアから安さが評判のDMM mobileに乗り換え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、MNPという言葉を聞いたことはありますか?これは、今まで持っていた電話番号をそのまま次の機種やプランに移せるということ。長年、同じ電話番号を使ってきて、今更、知り合いみんなに新しい携帯番号を教えるのはかなり時間がかかりますね。そんな面倒なことをしなくても、今のMVNOにも、ちゃんとMNPを使ってMVNOに乗り換えることができます。

特に今回は、三大キャリアの毎月の料金に不満を抱いている人に、MNPを使ってMVNOのDMM mobileに乗り換えるだけで、スマホ料金を安くできるということを紹介していきます。

目次

MVNOでもMNPができる時代

以前まで、MVNOはMNPに対応していませんでした。それが、MVNOの人気の上昇から、いろいろなサービスに対応するようになってきました。これは、私たちユーザーにとってはかなりありがたいことですね。

もっと詳しく説明すると、以前のMVNOは音声通話には対応していなく、大抵がデータ専用でした。しかし、だんだん音声通話にも対応してきました。

そのMVNOでは、既存の電話番号をそのまま移行できるサービスであるMNPが出来ます。これにより、長年、電話番号の移行ができないという理由でMVNOになかなか乗り換えれなかった人が、乗り換えれるようになっていくでしょう。

DMM mobileのプランで毎月たったの1,140円にできる

今回紹介するMVNOは安さが売りのDMM mobileです。そのライトプランで月額たったの1,140円でスマートフォンを運用できます。もちろん、音声対応プランです。通話した分は別に費用はかかってきますが、基本が1,140円という安さ。

このライトプランには高速通信であるLTEは使えませんが、DMM mobileにはバースト機能という低速通信時でも高速通信のようになる機能が備わっているので、ストレスなくインターネットができるでしょう。

また、もし、高速通信が使いたい場合にも、その対応プランを契約すれば使うことができます。

最低利用期間はあるが、たいして長くはない

uhn2

MVNOの中で、データSIMは基本的に最低利用期間や違約金はありませんが、音声対応SIMにはあります。会社によって、その最低利用期間は様々ですが、このDMM mobileの利用最低期間は12か月で、それまでに解約すると9,000円の違約金がかかってきます。

これは、MVNOの中では普通レベルの金額と期間です。悪くはありません。

DMM mobileの申し込みはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加