HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 【2017年度版】ますます高まるMVNO人気!今年、注目のMVNOはこの3つ

格安スマホ・MVNOまとめ

【2017年度版】ますます高まるMVNO人気!今年、注目のMVNOはこの3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年は、MVNOの躍進の一年になりました。今年も、MVNO人気は続くことが予想されます。

年々、MVNOサービスを増えてきており、時期によって人気のサービスが変わります。今回は、2017年3月現在で、オススメのMVNOを3社紹介します。必見です。

目次

オススメMVNO

これからのMVNOは安く通話をできるものがベター

ok76_telsuruta-toru20141221140154_tp_v

MVNOのサービス内容は、時期によって、ユーザーのニーズに合わせて、変化していきます。去年の流れを見て、これからMVNOは通話に力を入れていくことが予想されます。

従来のMVNOでは、キャリアとの間に「通話」というサービスの差がありました。最近こそ、MVNOも音声通話定額を開始する会社が増えてきましたが、音声通話定額といえば、MVNOよりもキャリアのイメージが強かったです。

したがって、これからMVNOに乗り換える人・すでにMVNOを利用しているが他のMVNO会社に乗り換える人は、「音声通話」に焦点を当てて選択するといいでしょう。

MVNOの通話定額は様々で、1分または5分間の通話が使い放題のサービスや、完全定額制の通話サービスもあります。自分の使用用途に合わせて、ベストなものをチョイスするといいでしょう。

第3位:DTI SIM

まずは、DTI SIMです。DTI SIMの最大の特徴は、MVNO業界で最安値水準なので毎月非常に安くスマートフォンを運用できること・「でんわかけ放題」で5分以内の通話がかけ放題ということです。

まず、MVNOに乗り換えるには安いものがいいに決まっています。DTI SIMのデータSIMであれば、月額600円(1GB)で利用できるので、お財布にとてもやさいいです。音声通話対応SIMでも同じデータ容量で月額1,200円で使うことができます。全てのプランが業界最安値クラスの料金になっています。

月額780円の「でんわかけ放題」を利用すると、5分以内の通話が回数に制限なく使えるのも大きなポイントです。

定額で一定時間の通話が無制限になるMVNOは他にもありますが、DTI SIMのいいところは「でんわかけ放題」は専用アプリから電話をかける必要がないということです。

「実際、5分以内の通話って短いのでは?」と感じる人も多いともいますが、最近では友人や家族と通話をするときには、無料通話アプリであるLINEなどを使い長時間電話をすることが多いと思います。

レストランや美容院などに予約をする場合やどこかに簡単な問い合わせをする程度であれば、5分もあれば十分なのです。

DTI SIMの申し込みはこちらから

第2位:イオンモバイル

ここ最近で、急成長しているMVNOの一つであるイオンモバイル。誰もが知っている大手ショッピングモールのイオンがサービスを展開するMVNOです。

イオンモバイルの最大の強みは、音声通話SIMに最低利用期間と解約金がないこと・イオンの店頭でサポートが受けられることです。

またデータSIMなら1GB480円で利用できるのも大きな魅力です。

ほとんどのMVNOでは、音声通話SIMに最低利用期間というものを設けています。もし最低利用期間内に解約をすれば高額な違約金がかかってきます。

それに対して、イオンモバイルの音声通話SIMであれば、契約してもし気に入らなくてもいつでも解約をして、別のものに乗り換えることができるのです。

最近ではMVNOは専用ショップを構える動きを見せていますが、まだ少ないのが現状です。そんな中、イオンモバイルなら日本全国にあるイオンモールで購入後のサポートを受けれるのは大きなメリットです。

MVNOが初めてのユーザーでも、いつでも店頭でわからないことがあれば質問できる環境があるので、とてもありがたく心強いことです。

第1位:mineo

堂々の第一位に輝いたのは、大手MVNOの「mineo」です。mineoの最大の特徴は、docomo・au回線の両方が対応しているというマルチキャリアです。

MVNOのほとんどが、docomo回線を利用しています。そんな中、mineoはdocomo回線だけではなく、au回線も提供しているので、auのスマートフォン持っていてMVNOに乗り換えたいけれど、選択肢が少ない!と思っているユーザーにとって最高のサービスになります。

また、音声通話SIM・データSIMともに最低利用期間がなく、解約金もないことも大きな利点になります。これは、イオンモバイル同様のサービスで、もし気に入らなくても最低利用期間がないことで気軽に他のサービスに移ることが可能です。

高額な解約金を支払う必要は全くありません。

mineoには、面白いサービスがあります。それがマイネオユーザーはデータ容量が足りなくなっても1GBまで無料でデータ容量を追加できる「フリータンク」というものです。

たとえ、通信制限にかかってしまいそうでも、このフリータンクがあれば、通信速度制限を逃れることができます。

今回は、2017年3月現在でオススメのMVNOを3社紹介しました。MVNOに乗り換える際に、ぜひ参考にしてみてください。

mineoの申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加