HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 格安SIM、DMM.mobileで月額ワンコイン運用

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIM、DMM.mobileで月額ワンコイン運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

 

スマートフォンを月額約500円で運用できる時代

File_001 (2)

携帯電話というのは非常に便利な反面、毎月の運用コストは永遠の課題でした。それは、ガラケーであっても、現在の主流であるiPhoneを筆頭にスマートフォンにも当てはまることです。

ただでさえ、スマートフォンの端末は非常に高額で、私たちの財布を悩ませます。大手三大キャリアでスマートフォンを運用しようとすれば、どれだけ安く運用しようとして毎月7000円は超えてくるでしょう。

 

しかし、近年、MVNOというサービスが活発になってきており、7000円ほどで運用するのが当たり前の時代からMVNOを利用すればワンコインで運用できる時代になりました。

幾つか選択肢の中、DMM.mobileを勧めるワケ

File_002

MVNOには非常にたくさんの種類があります。

平均をしても毎月の運用コストは2000円ほどでしょう。今回、紹介するスマートフォンを毎月ワンコインで運用するためのMVNO会社はいくつか存在し、その中でも圧倒的にお勧めするのがなんといっても、DMM.mobileのライトプランです。

DMM.mobileのライトプランは月額440円という破格の安さで、現在主流であるLTEを使用せずに、従来の3Gを使用します。したがって、LTEに比べて通信速度は遅いです。

通信速度にややストレスを感じるユーザーをいるかもしれませんが、440円というコストパフォーマンスを考えれば納得できます。また3Gと言っても、想像しているほど低速ではありません。インターネットのブランジングやラインメッセージ、ライン通話は問題なくできますし、画質を下げればユーチューブでさえを観ることができます。

 

また、DMM.mobileを強くお勧めする理由として、バースト機能というものがあります。簡単に説明すると、低速通信であるのにもかかわらず、通信を始めた時に一瞬だけ高速通信のようになる機能をバースト機能と言います。3Gでもそのバースト機能により、実際の速度よりも速く感じることでしょう。

DMM.mobileシムの最適な入手方法

基本的にMVNOのSIMを入手する際は初期費用といって約3000円ほどかかります。たかが3000円と感じる方もいるかもしれませんが、結構大きいのです。

大抵、MVNOのSIMを購入しようとする場合は電化製品店や専門ショップに行き、SIMを購入します。もちろん、初期費用である3000円かかります。

DMM.mobileをお勧めするもう一つの理由として、他の3Gを利用したワンコインMVNOは幾つかありますが、SIMを購入するときは初期費用である3000円かかるのが基本です。しかし、Amazonでは特別にDMMはAmazon特別価格のような形で500円ほどで購入することができるのです。この2500円の差は非常に大きいです。

下のリンク画像から申込みできます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加