HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > そんなに多くのアプリ必要?ユーザーが使うのはわずか5個程度という事実

格安スマホ・MVNOまとめ

そんなに多くのアプリ必要?ユーザーが使うのはわずか5個程度という事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者の皆さんは、スマートフォンにどのくらいのアプリをインストールしていますか?数えたことない人は大半だと思いますが、最低でもだいたい20個以上はあると思います。

今回、スマートフォンユーザーが実際に使うアプリの数について興味深いデータが出たので紹介します。

スマートフォンにインストールしてるアプリの数は平均で22個

スマートフォンを使う上でなくてはならないのがアプリです。意識していない人もいるかもしれませんが、みんさんがスマートフォンで使うLINEやTwitterも「アプリ」として利用しています。

アプリとしてではなくブラウザから繋げて使うこともできますが、あえてブラウザから利用する人は少ないでしょう。単純にアプリから使った方が使いやすいからです。

そんなスマートフォンに欠かせないアプリですが、スマホユーザーの平均は22個というデータが出ています。(MMD研究所は株式会社コロプラが提供提供する「スマートアンサー」という調査)

この調査では、スマートフォンを所有する15歳から60歳未満の男女を対象にしたもので、スマートフォンにインストールしているアプリの数について調べています。平均は22,3個です。ちなみに筆者がインストールしている数は、22,3個よりも多いです。

22個という数字はあまり驚きではありません。非常に妥当だなと感じています。よく使うアプリを思い浮かべてみても、LINE、Facebook、Twitter、Youtubeなどすぐ思い付きます。それらに加えユーザーの使用用途に合わせ他のアプリがあるとして、22個は納得できる数字です。

ただ、22個という数字はあくまでもインストールしている数なので、実際に全て使っているということではありません。それが、今回紹介する内容です。

多い人で100個以上にも!?


出典:https://pixabay.com/ja/アプリ-アイデア-電話-携帯電話-ネットワーク-クモの巣-1816210/

22個が平均なら、それよりも少ない人もいれば多い人もいます。特に多い人は100個以上のアプリをインストールしています。100個もインストールする人は稀で、スマートフォンを仕事で使う人やいろんなゲームをする人というように特徴があります。

スマートフォンの端末によってメモリ容量が異なるので、16GBのような少量メモリならまず100個は現実的ではありません。最近では、120GBなどの大容量メモリを内蔵したスマートフォンが多く発売されているので、100個以上は十分あり得ます。また、Androidなら内蔵データ容量とは別にマイクロSDカードによってより多くのデータを保存できます。

定期的に100個以上利用している人は稀で、とりあえずインストールして放置しているというパターンが多いでしょう。アプリをインストールしたことも覚えていなく、知らないうちに100個以上になっているという感じです。

実際使っているのは10個以下

平均で22個ですが、日常的にユーザーが使っているのはわずか5~6個というのも調査で分かっています。5個ならすぐに頭に浮かぶでしょう。
(ジャストシステムの「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年5月度)」)

中には、たった2個という人が10,2パーセントもいるのには驚きでしょうか。便利で使いやすいアプリですが、やはりただたくさんあっても使わないのが現状です。

使わないアプリをアンインストールするメリット

最近のスマートフォンは非常に高性能になっていますが、物理的ににたくさんのデータがあればあるほど、機能性はやや下がります。その代表例が、動作とバッテリーの持ちです。

片方はメモリに余裕があり、もう片方はデータで一杯一杯のスマートフォンが2つあるとします。どうしても、データ容量に余裕のある方が動作がサクサクで電池も減りにくいです。

バッテリーの持ちに関しては、もしアプリをすべて閉じていたらバッテリー消費はそこまで激しくないですが、たくさんのアプリを同時に開いていたり、バックグランドで開いたままなら電池は当然減りやすくなります。

本当に使うアプリならスマートフォンに入れておいても問題ではありませんが、1ヶ月に一回使うかどうか程度のアプリなら削除した方がスマートフォンの操作性を考慮してもベストです。

よく使うアプリは「LINE」や「Facebook」

一日に使うアプリは5個程度なら、おそらくLINEとFacebookは含まれています。そんなよく使うSNSアプリのデータ量をカウントしない「カウントフリー」機能を備えた格安SIMがとても人気です。

頻繁に使うものが使い放題なら、ユーザーにとってはこれ以上ない嬉しいことです。カウントフリー機能はMVNO会社やプランによって若干内容は異なるものの、基本的にLINEやTwitter、そしてFacebookなど主要SNSアプリの通信をカウントしないのが一般的です。

MVNO業界で人気が高く毎月の料金もお手頃な「DTI SIM」がオススメです。Pokémon GOの通信料が1年間無料になるのが特徴。

DTI SIMの申し込みはこちらから

いかがでしたか?アプリは意外と使っていないことがわかりました。この機会に、使っていないアプリを整理してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加