HOME > すべての記事 > ニュース > iPhone SEはどのキャリアが一番安い?

格安スマホ・MVNOまとめ

iPhone SEはどのキャリアが一番安い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

新型iPhoneが発売された

先月ついに新型iPhoneが発売されました。非常にたくさんのユーザーが望んでいた、小型化された4インチのiPhone。人気が出ることはもう決まっているほどの高性能と安い端末。性能もiPhone6sとほぼ同様で、かなり高スペックです。その割に、端末代が非常に安いという特徴があります。

アップルで販売されているSIMロックがかかっていないiPhone SEの16GBが57024円という値段です。アップルは基本的に他のキャリアのような割引がないので、定価ですが、キャリアは様々な割引や実質負担額が安くなるキャンペーンもあります。果たしてどのキャリアでiPhoneを買えば、一番端末代が安く抑えれるのでしょうか?比較していきましょう。

各キャリアのiPhone SE 料金比較

iPhone SEが発売され、各キャリアも端末代を発表しました。各社、微妙に値段が違うものの結論から言うと、一番はドコモで契約することもお勧めします。まずは各キャリアの端末代を見ていきましょう。(16GB) 日本で一番にiPhoneの販売を扱ったソフトバンクは56880円。しかし、2年間使えば、割引の対象となり、実質は10800円になります。毎月わずか、450円。次にau、こちらもソフトバンクと値段が同じで、56880円に2年間使えば10800円になり、毎月は450円。最後にドコモ、端末代は一番高い57024円。しかし、2年間使えば実質価格が10386円と一番安くなるのがわかります。また毎月たったの432円です。

この比較を見てもわかるように、実質価格はドコモが一番安いです。これもドコモで契約するのをお勧めする一つの理由です。

お勧めはドコモで契約

th
上記で述べたように、端末代は2年間使えばドコモが一番安いです。ドコモは実績と信頼があり、また電波も非常にいいと評判が高いです。この3大キャリアで契約するときはドコモを選べばまず間違えはないでしょう。

他の理由として最も大きなのが、MVNOに関係してくること。日本のMVNOはほとんどがドコモ回線を利用してサービスを展開しています。その結果、ドコモ端末であればたとえSIM解除をしていなくても、MVNOが使えるのです。auには数社、MVNOがありますが、あまり評判は良くないです。ソフトバンクには今のところはありません。もし、ソフトバンクのiPhoneを購入すると、SIMを解除しない限りはMVNOが使えない状態です。それがドコモならどっちの選択肢もあるという点が強みです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加