HOME > すべての記事 > ニュース > 財布の中がレシートで一杯になるのはもう御免!無料家計簿アプリを活用

格安スマホ・MVNOまとめ

財布の中がレシートで一杯になるのはもう御免!無料家計簿アプリを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと財布の中を見ると、買い物したレシートで一杯になっているという経験をした人は多いと思います。

レシートで財布がかさばるのは、避けたいことです。今回は、ペーパーレスかつ、家計簿を確実につけるために便利な家計簿アプリを紹介します。

目次

家計簿アプリを選んだ基準は3つ

家計簿アプリを使う上で、使いやすさは何よりも重要な要素になります。また、実際に使っているユーザーの評価が高いものは、本当の意味で優れたアプリです。

今回選定したアプリは、3つの基準をもとに選びました。

  • 無料で利用できる
  • ユーザー評価が高い
  • スマホカメラでレシートを読み取れる

毎回、レシートの情報をスマートフォンに入力するのは時間と労力が必要になってきます。スマートフォンのカメラでレシートを撮影するだけで、レシート情報を読み込める機能のあるものが必須です。

家族とシェアできる家計簿アプリ「Zaim」

Zaimは、スマートフォンカメラでレシートを撮影するだけで、自動的に家計簿をつけてくれる万能型アプリです。

Zaimの最大の魅力は、家計簿を家族とシェアできることです。一人で家計簿をつける場合もありますが、家族で家計簿をつけるケースも多いでしょう。特に夫婦で一緒につけるケースはよくあると思います。

また、ZaimはWeb版もあるので、パソコンからでも利用することが可能です。Zaimは、一人だけではなく、家族など誰かと家計簿を共有したい人にピッタリのアプリです。

家計簿で挫折した84%が「続けられる」と回答しているほど人気があります。今まで家計簿アプリを活用しようと試みたけれどもうまくいかなかったという人は、ぜひこのZaimを使ってみるといいでしょう。

ユーザーからこのようなクチコミがあります。

前までは家計簿ノートを作って記入していたのですが、少し面倒で記入できずに溜め込んだレシートの山が部屋に山盛りになっていました。アプリで簡単にまとめられたら便利だなーと使ってみた所、とても便利で今はもっぱらアプリで入出金を管理する様にしています。いくつか家計簿アプリを使ってみて、だいたいのアプリは勝手にグラフにしてくれたり入出金のプラスとマイナスを計算してくれたりして使い勝手に納得しました。しかしこのアプリはもっと凄くて、特に便利だなと思った機能がありました。レシートをスキャンして自動入力してくれる機能です。値段だけでなく、買った店舗まで記録してくれるので驚きました。こんなに楽チンだったら続けられるなと思いました。

iPhoneはこちら
Androidはこちら

使いやすい!シンプル!「レシーピ!」

続いては、アプリのデザインがとてもキュートな「レシーピ!」です。レシーピ!の最大の魅力は、レシート読み取り機能だけというシンプルさです。とにかく、銀行との連携などオプションの機能は必要なく、購入したものだけをデータとして残しておきたいという人に最適のアプリになります。

レシーピ!は、デザインが可愛く、ゆるキャラがなアタをサポートしてくれるので、女性からの人気が高いようです。

しかも、買った食材からおすすめのレシピを提供してくれるので、飽きずに家計簿をつけることができます。レシート撮影をして、nanacoポイントがもらえるのも嬉しいポイントです。

iPhoneはこちら
Androidはこちら

たくさんの金融機関が対応している「マネーフォワード」

kawamurakaisatu_TP_V

最後に紹介するのが、銀行、クレジットカード、電子マネー、ネットショッピングなどのデータを連携できる金融機関が2,500件以上と圧倒的な対応数を誇るアプリです。

基本的な機能は、Zaimとほとんど同じでなんでもできる家計簿アプリと言えるでしょう。普段の買い物は現金よりも、もっぱらクレジットカードを使うという人は、このアプリを使うことで自動でジャンルまで振り分けてくれるので、とてもオススメです。

最近では、電子マネーが色々な場所で使えるようになりました。「最近の流れ」に対応しているこのアプリは、消費者にとって非常に便利なものです。

iPhoneはこちら
Androidはこちら

使用用途に最適なものをチョイスする

今回は、3つの家計簿アプリを紹介しました。それぞれ、他にはない特徴があるので、どのような目的で家計簿アプリを使うかによって、あなたに最適なものを選ぶと「続けれる」はずです。

今まで、何度を家計簿をつけようと試みたが、継続できなかった人は、この際に家計簿アプリを今回オススメしたものに変えてみて、再挑戦してみましょう。

いずれも無料のアプリなので、もしインストールして気に入らなければ、別のものを使ってみるのもいいので、気軽に始めてみましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加