HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > スマホ充電の未来形!筆者一押しワイヤレスチャージャー 3選

格安スマホ・MVNOまとめ

スマホ充電の未来形!筆者一押しワイヤレスチャージャー 3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンを充電するときに、ケーブルが絡まってイライラすることはありませんか?今すぐ充電したいのに絡まってなかなかほどけなかったらとても面倒。

今回は、そんなケーブルなんて一切なし!のワイヤレスチャージャーについて書いていきます。未来の充電の形はもうすでに存在しています。

目次

ケーブル型充電の時代はもう終わり!

おそらく、スマートフォンの充電といえばケーブルを繋げて行うものと認識する人が大半だと思います。ケーブルによっては、10cmなどの短いものもありますが、一般的にスマートフォン本体にもともと付属しているものであれば60cmくらいでしょう。

夜寝るときに、コンセントから充電をしながらスマートフォンを操作するのにちょうどいい長さでありながら、長さがある分どうしても絡んでしまいます。

しかも、ケーブルによっては耐久性に問題があるものもあり、長持ちしないというのがスマートフォンのケーブルのイメージでしょうか。

特に、人気スマートフォン「iPhone」のLightningケーブルはすぐに壊れると有名です。脱線すれば、もう使えなくなることがあります。

友人など周りで、脱線したケーブルをずっと使っている人を見かけたこともあると思います。正常に動かない以外に、脱線など故障したまま使用するのはあぶないので、あまりオススメしません。

すでに、充電以外のものではワイヤレス化がどんどん進んでいます。

例えば、Wi-Fiが非常にいい例でしょう。もう有線LANを使っている人はかなり少数になってきています。どこに行っても、無線LANが主流になっています。

その他にも、イヤホンのワイヤレス化もここ数年で一気に広まってきています。いわゆる、Bluetoothです。

iPhoneも、昨年発表されたiPhone7からついにイヤホンジャックが廃止されました。それにより、今後さらにスマートフォンでもイヤホンのワイヤレスが進んでいくことが予想されます。

イヤホンのワイヤレス化は、車などを運転する人にとって欠かせないことです。運転中に通話をするのにもスマートフォンを片手に持っていたら、事故を起こすかもしれないので危険です。

このように、ケーブルは無くなっていく流れになるのは間違いないことで、ワイヤレス充電が主流になる日も近いでしょう。今回は、その「未来の形」であるワイヤレスチャージャーについて紹介していきます。

ワイヤレスチャージャーの利点はたくさんある

ワイヤレスチャージャーの最も大きな利点は、面倒な線がないので何倍も楽に充電ができることです。今でワイヤレスチャージャーを使ったことがない人は、この恩恵をイメージしにくいかもしれませんが、一度使えばもうケーブルには戻れません。

充電したいときに、パッと置くだけで充電が開始される、こんな便利な時代は実は未来ではないのです。すでに、ワイヤレスチャージャーは発売されています。

1:リビューション(Ribution) シングルコイル Qi ワイヤレス充電器

まず一つ目、リビューションのワイヤレスチャージャー。本体がシボ加工処理がされているので滑りにくいのが特徴です。しかも、かなり軽くコンパクトなので持ち運びにも最適です。

値段も買い求めやすく1,000円以下となっています。とりあえず、ワイヤレスチャージャーを使ってみたいという人にピッタリの一品になるでしょう。

Amazonからの購入はこちらから

2:EC Technology USB 充電器+Qiワイヤレス充電器 2in1 スマート充電器

スマートフォンだけじゃなく、タブレットなども持っている人にオススメのワイヤレスチャージャーです。Qiワイヤレス充電器、5ポートUSB充電器が1つになっている超便利。

同時に最大で6台まで充電ができるので、一家に一台あれば重宝します。

Amazonからの購入はこちらから

3:チョーテック(CHOETECH) 車載ワイヤレス充電器

続いては、車内におけるワイヤレスチャージャー。縦向きにも横向きにもできるので、好みに合わせてセッティングしてみましょう。激しい揺れにも強いので、車載ホルダーとして最高の商品です。

車に乗っているときに充電ができるのは、忙しい社会人のみではなく家族や友人でどこかに出かける際にも便利です。このチョーテック(CHOETECH) のスタンドは吸盤付きなので、車のダッシュボードやガラスにも取り付けがが可能です。

Amazonからの購入はこちらから

使ってみたいワイヤレスチャージャーはありましたか?ぜひ、この記事を参考にあなたの好みのものを使ってみてください。

一度使えば、もうケーブル充電には戻れません!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加