HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 2015年に流行ったSIMフリー端末

格安スマホ・MVNOまとめ

2015年に流行ったSIMフリー端末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年は多数の格安スマホ業者の参入もあってsimフリー端末を手に入れたいという人が多くなりました。
市場が大幅に拡大されたのが2015年の特徴であり、結局どれが人気があったのかということは誰もが気にかかることでしょう。

2016年になった今でも人気があるおすすめのsimフリー端末を紹介しておきます。

最も流行ったとも言えるASUSのZenFoneシリーズ

格安スマホであるからにはsimフリーの端末であってもある程度の機能して欲しいという要望があるのは事実です。

その期待に応えながらも格安で市場に登場して流行ったのがZenFoneシリーズであり、現在で最も人気があっておすすめなのがZenFone2Laserです。
Androidの端末として十分なスペックを備えているにもかかわらず、25000円前後で購入できるというのがその魅力です

ミドルクラスで人気のHUAWEIP8lite

simフリー端末を利用したいという人にも初めて格安スマホを利用する人から、毎日手放せなくなって生活している人まで多数います。

その中間的な位置にあるミドルクラスでおすすめになるのがHUAWEIP8liteです。
AndroidOSでLTEとWCDMA、GSMに一通り対応していることからデータ通信の利用については申し分ない設計になっています。
それに加えてカメラの美しさや使い勝手に大切な画素数も1300万画素とミドルクラスには十分なものを持っているのが特徴です。

先発のASUSZenFone5と諸々のスペックが似ているものの、その価格が安くてカメラの機能が勝っているのが特徴的な面であり、30000円以下で利用できるsimフリーの端末としてはハイスペックで利用しやすいものであることが人気でおすすめの理由です

ワンランク上で人気のソニー製品

ミドルクラスの中でもワンランク上に行きたいというときに流行ったのがソニー製品のXperiaJ1Compactです。

おサイフケータイへの対応や2070万画素のカメラがこのクラスでは特徴的なものであり、機能面では他のミドルクラスのものよりも一歩秀でているのが特徴です。
見た目のデザインのシンプルさも人気を集めた要因として大きなものであり、格安スマホでありながらも少し贅沢をしたいという人たちにとって最も魅力的であった製品の一つです。

価格は5万円オーバーということを考えるとハイクラスとの境目に位置するものといえるでしょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加