HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 格安SIMカードでiphone4は使える?使えない?【MVNOの詳細と現状】

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMカードでiphone4は使える?使えない?【MVNOの詳細と現状】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNOは格安SIMカードとも呼ばれ、安くデータ通信や音声通話ができるサービスとして人気がありますが、利用出来る端末に制限があることを知らずに使えないと悩む方も多いようです。

特に旧機種を利用しようとしてだめだったと言う方が増えています。
中でもiphoneは人気があり、悩む方も多く、iphone4などの小型端末を使いたいと考えている方も多いようです。

大手の2つのネットワークを使う

MVNOは大きく分けてNTTドコモ系のネットワークを利用する場合とAU系を利用する場合があります。
どちらもそれぞれの通信キャリアの端末ならそのまま利用出来ることが多いのですが、間違いが起こりやすいのがNTTドコモ系のネットワークを使ったMVNOに他のキャリアの端末で接続しようとする場合です。

iphone4はNTTにドコモでは販売しておらずソフトバンクかAUからの販売のみです。
しかも、この世代はアンロックに対応していない機種なので通常の方法ではNTTドコモ系のネットワークを利用した格安SIMカードは利用できないのです。

ソフトバンクも使える?

6--24

どうしても使いたいという場合はソフトバンク系なら使える可能性があります。
手続きとしては海外のアンロックサービスを利用してSIMフリー機にすること、また、アンロックアダプタが市販されていますのでそちらを使う方法です。

どちらの場合も保証があるわけではありませんが、利用出来たという方も多数います。
ただし、周波数帯が一部使えないので圏外になる場所がありますし、LTE非対応なので手続きをしても3Gのみでの接続となります。

SIMカードを使う

格安SIMカードは手続きも簡単ですぐにさまざまなSIMフリー機を利用できることがメリットですが、NTTドコモ製の端末なら使える可能性が高いことからNTTドコモ製の端末が人気となっています。

iphone4は扱いがなかった機種ですが、海外のSIMフリー機は使えますので、海外に行った際に現地の格安SIMカードを購入するという方も多かった機種です。しかし、国内の格安SIMカードが増えたこともあって国内でも利用したいという方が増えています。

LTEは使えませんが、3Gでも十分高速通信、音声通話が使えますので利用者は増えています。
また、コンパクトで低価格なiphone4のSIMフリー機が増えていることから最初のMVNOの端末としても人気が出ています。iphone4はレティナディスプレイでアプリもよく動くことで満足する方が多い機種でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加