HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > SIMフリーにしたiphone4sの設定で気をつけたいこと

格安スマホ・MVNOまとめ

SIMフリーにしたiphone4sの設定で気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、キャリアと契約した場合月々8000円から9000円の月額料金が必要になります。
端末を合わせて購入すれば、その分割料金も合わせて請求されるため、合計で1万円を越すことも良くあります。月々1万円の出費は生活を圧迫する原因となり、多くの人がそれを節約したいと考えています。

MVNOサービスのおすすめ

そんな人達におすすめなのが、MVNOサービスです。
データ通信専用のプランであれば月々900円で運用可能で、音声通話のプランを合わせた場合でも月々1600円で運用できます。

MVNOサービスを活用すれば、これまで悩んでいた月々の利用料金の悩みを一気に解消することができます。

魅力的な内容ではありますが、もちろん注意しておきたいこともあります。
それは回線品質が多少ですがキャリアよりも劣ることです。
普通のウェブページの閲覧や動画の視聴程度であれば全く問題はありませんが、通信容量の多いゲームやHD画質の動画の視聴だと多少ですがもたつく可能性があります。
普通に使い方であれば全く心配する必要はありません

MVNOでSIMフリーのiphone4sを使う方法

6--5

多くの愛用者がいるiphone4sですが、この端末をMVNOサービスで使うことは可能です。
しかし通信を行うためには、設定が必要となります。難しい設定ではないので誰でも簡単にできる内容です。

iphone4sをMVNOサービスのネットワークに接続するためにはAPNの設定を行います。
接続先のネットワークの指定および接続に必要なIDとパスワードの入力を端末本体に行います。入力に間違いがなければ、SIMフリー端末として利用し始めることが可能です。

もし設定方法がわからないのであれば、ネット上にあるマニュアルを参考にするか、もしくは設定ファイルを特定の場所からダウンロードすると良いでしょう。
5分もあれば、すべて終わりネットワークに接続できるようになります。

SIMフリーのiphone端末は価格が高め

もちろんSIMフリーのiphoneはネット上にあるストアもしくは専門店で購入可能です。
しかしながらその価格はとても高いです。最新の端末なら10万円以上しますし、古い端末であっても4万円から5万円します。

なので、iphoneを使いたいのであれば、キャリアで販売されていた端末をそのまま使うことをおすすめします。
キャリアの端末であれば、少し設定をするだけで使い始めることができます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加