HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 格安SIMの決めては通信速度?!選ぶ際のポイントとは?

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMの決めては通信速度?!選ぶ際のポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMは多くの事業者が参入してきていますが、利用している通信キャリアが同じなのにさまざまな点で差が目立つようになってきています。

サービスの差は大きく分けて3つあり、価格、通信量、通信速度です。このうち通信速度についてははっきり分かる遅いサービスもあり、慎重に選ぶ必要が出てきています。

避けられない速度の問題

格安SIMがすべて悪いサービスではありません。
しっかり通信キャリアから回線を借りていれば速度が遅いということはないのですが、利用者が急増したサービスなどは想定外に加入者が通信することでどうにもならないという場合も少なく無いようです。

遅い回線は地域性が特に出てきます。
朝の駅周辺や夕方などあの場所で遅くなると特定の場所を指す方も珍しくないです。

格安SIMを選ぶ際はインターネットの口コミを利用する場合もおおいと思いますが、サービス名だけではなく、利用したい場所などでも合わせて検索すると良い情報が得られやすくなると考えます。

MVNOを利用してもっと快適に

8--10

格安SIMを有効に利用するには通信速度の安定が欠かせませんが、そのためには複数のMVNOを利用するのも手です。
同じ通信キャリアを利用してしてもMVNOごとに借りている容量に差がありますし、事業者ごとに設備も違うので通信速度は同じ場所でもかなりの差があります

特に利用者が多いMVNOを利用する場合にはサービス地域によって偏りがあり、通信速度が落ちる場合もあります。そのため、まずはいつでも解約できるデータプランの一番安いサービスを選んでお試しで利用してみるのも手です。

駅前や時間帯などによってどの程度遅くなるかをチェックしておきたいところです。
また、すぐにシェアプランを申し込まず、やはり試してみてからにするなどの対策が重要です。

通話に使うなら問題なし

音声サービスをメインに考えている場合はどの格安SIMでも問題ないことが多いです。
通話については特に繋がりにくいとか切れるということはないほど安定しているMVNOが多いです。

逆に音声通話サービスが評判が悪いMVNOはデータ通信でもそれなりのサービスであることが多いので注意したいところです。

MVNOは地域性がとても強いサービスです。
通信が遅い、早いで個人差が出るのは地域性とも言われています。
全国均一のサービスは音声だけと割り切り、自分が使っている地域でもっとも使い勝手の良いMVNOを選択することが理想ですが、選ぶ際は複数の事業者を使ってみるしかないという意見が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加