HOME > すべての記事 > SIM基礎知識 > 失敗したくないなら格安SIMカードのデメリットを知ってから!基本情報

格安スマホ・MVNOまとめ

失敗したくないなら格安SIMカードのデメリットを知ってから!基本情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの費用を抑えや安く使用することができるMVNO会社の格安SIMカードですが、安いというメリットに気を取られがちになりますが、デメリットも存在します。
そのため格安SIMカードのメリットだけを見て契約してしまうと、いざ使ってみたときに自分の思うようなものでなかったりなどして失敗をしてしまうことがあります。

格安SIMカードで失敗をしないようにメリットだけでなく、デメリットをきちんと理解したうえで契約することで間違った選択をしないで済み、快適にスマートフォンを使用することができます。

キャリアメールを使用できません

格安SIMカードではキャリアメールを使うことができないため、キャリアメール認証やメールの受信設定でキャリアメール以外を拒否している人にメールを送ることがきなかったりします。
キャリアメール認証はサイトなどに登録するときに必要なことがあり、そのようなサイトを使用する人には使い勝手が悪くなるデメリットがあります。

また大手キャリアで契約している人や携帯電話を使用している人も多く、フリーメールを使わないこともあるためキャリアメールを使用できないと、事前にメールを送る相手に受信設定を変更してもらわなければならないこともあります。

端末を購入する必要があります

5--17

格安SIMカードはICカードであるためスマートフォンなど携帯端末に差して使用しなければなりません。
そのためSIMカードだけでは使用することができないため、スマートフォンを持っていなければ購入する必要が出てきます。

また購入する際にもSIMカードのサイズにあったスマートフォン端末を用意しなければならず、大きさが合っていなければ使うことができません。
格安SIMカードを契約する際はSIMカードのサイズをきちんと確認し、使用するスマートフォンのサイズと合っていることも確認してから契約することで失敗を少なくすることができます。

大手キャリアより通信速度が遅い

MVNO会社大手キャリアの回線の一部を借りて使用しているため、通信を頻繁に行なう時間帯では通信速度が遅くなる傾向にあります。
そのため大手キャリアみたいに、快適な通信速度でいつでも使用できるわけではない点に注意する必要があります。

動画を見たりアプリのダウンロードなど頻繁に行なう人では、通信速度が遅いと不向きなことが多いため契約する際には注意が必要となるので、失敗しないように気をつけなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加