HOME > すべての記事 > 格安SIMで通話したい! > 格安SIMガラケーは通話だけ?利用可能機能や注意点について

格安スマホ・MVNOまとめ

格安SIMガラケーは通話だけ?利用可能機能や注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の携帯電話の料金プランは、諸外国と比較して、相当程度に高額に設定されています。
しかしユーザーとしては、できる限り安い料金で携帯電話を利用したいものです。

そこで登場したのが、格安SIMです。
それではこの格安SIMは、いわゆるガラケーであっても使うことは可能なのでしょうか?

格安SIMとは

そもそも格安SIMとは、SIMカード、すなわち携帯電話などの契約者を識別するための小型ICカードの一種で、これを使用することにより、通常の料金プランよりも安い価格で通信サービスを受けることができるようになるというものです。

ただこれは、一般にはスマートフォンやタブレットとの組み合わせで使用することが多く、従来型の携帯電話との組み合わせで取り上げられることはほとんどありません。
事実、ガラケーに特化した格安SIMはほとんどなく、あったとしても取り立てて安い料金プランだとは言い難いのが現状です。

ガラケーでは格安の恩恵を受けられない?

8--7

ではスマートフォンユーザーでなければ、格安の恩恵を受けられないのでしょうか
確かに従来型の携帯電話専用の格安SIMはほとんどないと言っても過言ではありません。
これは市場がスマートフォン関連商品に重点を置いており、これまでの携帯電話を対象にした商品にまで開発の手が及んでいないためです。

しかし、従来型の携帯電話であっても、格安を謳ったSIMカードを使用することはできます。というのも、SIMカードのサイズさえ合致すれば、スマートフォン専用SIMカードであっても、ガラケーで使用することが可能だからです。

ガラケーで格安SIMを使う時の注意点

このように従来型の携帯電話であっても、スマートフォンのSIMカードを使用することで、格安の恩恵を受けることはできるようになります。

ただスマートフォン専用SIMをこれらの携帯電話に差し込んだ場合には、データ通信ができなくなり、実質的に通話のみにしか使用できなくなるので、注意が必要です。
データ通信をする場合は、通信に必要なアクセスポイントを設定しなければならないのですが、この設定が従来型の携帯電話ではできないためです。

したがって、ショートメッセージサービスは使用可能ですが、機能的には通話のみに特化した携帯電話となってしまうことになります。

スマートフォンの普及が広まった現在においても、ガラケー人気には根強いものがあります。実際のところ、携帯電話でネットを利用しないユーザーにとっては、従来型の携帯電話の方がスマートフォンよりも使い勝手がいいと評判が高いです。

そうであれば、スマートフォンのSIMを使用することによって、携帯電話が通話のみしかできなくなったとしても、さほど不便を感じることはないといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加