HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > iPhoneが水濡れした時の応急処置

格安スマホ・MVNOまとめ

iPhoneが水濡れした時の応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の時期や単なる雨の日に、思わずiPhoneを濡らしてしまった経験をした人は少なくないでしょう。その他にも単に水に濡らして故障してしまうこともあります。

今回は、iPhoneが水濡れした時の応急処置について紹介していきます。

目次

iPhoneが水濡れしたらどうなる?

まず、iPhoneにはまだ防水機能が備わっていません。したがって、少し濡れた手でiPhoneを触るくらいならなんともありませんが、水濡れした場合は故障します。

iPhoneの防水機能は長年言われていますが、残念ながらまだその機能のあるiPhoneはありませんので、私たちが普段の生活で水濡れ対策をしなければいけません。

iPhoneは高価なスマートフォンです。水濡れで故障して使えなくなるのは本当に勿体無いことです。

もし濡れたとしても、今回紹介する応急処置によってなんとか故障しなくても済む可能性はあります。

応急処置3点

iphone_5-water_damage

もし水濡れした場合、まずはiPhone本体の電源をオフにします。これは鉄板です。iPhone自体が乾くまで、電源はつけたらダメです。

次に、もしiPhoneにケースやカバーをつけているなら、それらを外します。これは、本体の水分をふき取るためです。

最後に、タオルで包んで、丁寧にやさしく拭きましょう。水分がiPhoneに残っているのを避けたいので、拭いて取る必要があります。

これよりもさらに悪い水濡れの時には、イヤホンジャックなどを丁寧に拭きます。この箇所には、水濡れマーカーがあり、もしこれが赤色になるとAppleCareの保証対象外になるので、できる限り拭いて赤色にならないようにしたいです。

また、iPhoneにはSIMカードが入っています。それをすぐに抜き出しましょう。

絶対にしてはいけないこと

最後に水濡れ時に絶対にしてはいけないことが幾つかあります。

まずは乾かしたいがためにドライヤーを使うことです。これは、たくさんの人がしがちな行動ですが、ドライヤーを当てることによって急激な熱を与えるので端末自体に良くないです。

また、水分を吹き飛ばすためにiPhoneを振るのも、余計に水分がいろいろな箇所に入っていくので避けたいことです。

もしiPhoneが水濡れした場合は、上記で述べた3つのことを実行して、様子を見ましょう。それでも、壊れている場合は修理が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加