HOME > すべての記事 > スマホ豆知識 > 知っていないと損をするiPhoneの小技3つ パート4

格安スマホ・MVNOまとめ

知っていないと損をするiPhoneの小技3つ パート4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

iPhoneが空き容量不足にならないために

iPhoneには中にメモリーカードなどを入れて容量を増やすことができません。もう、初めの決めたストレージ容量内でデータ量のやりくりをしなければなりません。16GB、32GB、64GBそして128GBとiPhoneにはラインアップされています。この中から自分で調整し、容量不足を解消する必要があります。

容量不足にならないために大切なことは、まずどの項目がどれくらい容量を使っているかを把握することです。そして、必要なものは残し、それ以外は消去をするか他のストレージアプリなどに移動すること。整理整頓するだけで、大きく変わります。

バッテリーを長持ちさせるには

続いてiPhoneユーザーにとっての悩みの一つであるバッテリーについて。スマートフォンは大変便利で、欠かせないものにまで発展しましたね。しかし、その便利さを生かすためにバッテリーの良さは必須です。iPhoneはスマートフォンの中でもバッテリーはいいほうですが、できるのであればもっと長持ちさせたいですよね。

yjimage

今回はその方法として、電力をできるだけ抑える。これはバッテリー節約で一番大切なことで、要するにたくさんの電力を使えばそれだけバッテリーを消費します。例えば、画面が明るければそれだけ電力を使いバッテリーを使いますね。その電力を抑えるためにできることは、まずは画面の明るさの調整、圏外時には電波を探し電力を使うので機内モードで通信を遮断、そして、LTEよりも可能な場合はwifiを使うこと。wifiを使うと一番電池の持ちがいいんです。ただ、特に公衆wifiを使うときにセキュリティー面には気をつけるようにしましょう。

花火の写真を綺麗に撮るには

これから夏がやってきて、花火シーズン。花火は見て感動するのはもちろんですが、写真にも収めたいですよね。iPhoneのカメラは年々性能がアップしていて、花火も本当に綺麗に撮ることができるんです。ただ、その方法を知らないユーザーは多いでしょう。

花火を綺麗に撮る方法として、まずはiPhoneの自動合成して綺麗な写真を作るHDRをオンにする、そしてお気に入りの写真が一枚撮れたら、同じ設定で撮るようにAE/AFロックを使う。あとはただたくさん撮りましょう。そしてとった中から良いものだけを保存すれば最高の写真が撮れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加