HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > iPhoneのSIMロッック解除の手順

格安スマホ・MVNOまとめ

iPhoneのSIMロッック解除の手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年からようやく、iPhoneのSIMロック解除が公式にできるようになりました。対応しているのは、iPhone6s以降の端末になりますが、公式というのは私たちにとってかなりありがたいことです。

今回は、そのSIMロック解除の手順をわかりやすく説明していきます。

目次

まずSIMロック解除の条件に合っているか確認

上記で、iPhone6s以降の端末がSIMロック解除に対応していると述べましたが、その中でもさらに条件があって、購入後180日以上経過しないとSIMロック解除をしてくれません。たとえば、SIMロック解除ができるからとソフトバンク版にiPhoneを購入して、一週間後に解除の申し込みをしてもできないということです。

あくまでも、購入してから半年経過する必要があります。自分の購入したiPhoneが買ってからどのくらい経過しているかをまず最初に確認しましょう。

ちなみに今年発売されたiPhoneSEも、もちろんSIMロック解除対応機種です。

ウェブか店頭で申し込む

次に、SIMロック解除の条件を満たしていることを確認したら、申し込みです。申し込み方法はドコモ、au、ソフトバンク各社のショップにiPhoneを持って行きSIMロック解除をしてもらうやり方もありますが、これには費用がかかります。手数料として3,000円です。

店頭に持っていく方法に対して、各社の公式ウェブサイトからも申し込みができます。しかも、ウェブ申し込みは無料でSIMロック解除をしてくれるので、できるのならウェブから申し込んだほうが余計な費用がかからないのでオススメです。

ウェブでするのは難しいと思いがちですが、各社のサイトで指示通りにすれば誰でも簡単にできるので安心してください。3,000円の費用を考えるとやはりウェブからがいいでしょう。

SIMフリー端末の良さ

9869815756_8142bb4934_b

これでSIMロック解除の手順が以上です。とても簡単でしょう?しかも、無料です。

では、実際にSIMロックを解除してもらったiPhoneはどのようにして使うのがいいのかについてです。一番多いのは、やはりauかソフトバンク版のiPhoneのSIMロック解除をしてドコモ回線のMVNOを使って毎月安く運用する方法でしょう。

それか、海外に行かれるなら、現地で安いSIMカードを使うこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加