HOME > すべての記事 > スマホで役に立つ情報 > 恥ずかしい…今更聞けないWi-Fiの基本情報と豆知識

格安スマホ・MVNOまとめ

恥ずかしい…今更聞けないWi-Fiの基本情報と豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンやタブレットが日常化してきた現在はWi-Fiが必要不可欠なアイテムです。その「Wi-Fi」は今や常識的なものなので、わからないことがあっても恥ずかしくて聞けません。

しかし問題ありません。今回は、Wi-Fiの基本情報の説明とWi-Fiに関する豆知識について書いていきます。

目次

基礎編

豆知識編

そもそもWi-Fiってなんの略?

今や誰もが知っている「Wi-Fi」ですが、皆さんはWi-Fiの略を知っていますか?もはやWi-Fiとして知られている名前なので、案外知らない人は多いのではないでしょうか。

Wi-Fiは、「Wireless Fidelity」の略になります。誰も、本当の名前を言いませんが、知っておくとなんだか得した気分になります。

Wi-Fiを使うメリットはたくさんある

Wi-Fiの最大の特徴は、無駄な線が一切必要なく、色々な機器同士を接続したり、連動させることができることです。

一昔前だと、有線ケーブルを使いインターネットをしていたので、線が絡まり合ったり、ケーブルの届く範囲でしかインターネットに接続できないなどとかかなり不便性が目立ちました。

Wi-Fiを使える機器はたくさんあり、スマートフォン、タブレット、パソコンなどが一般的でしょうか。その他にも、印刷するプリンターにも対応してます。

またWi-Fiは何も、自宅だけのものではなく、外出先のお店や駅でも無料のWi-Fiが使える場所が徐々に増えてきました。この恩恵を受けることで、モバイルネットワークのデータ消費節約ができ、さらに高速インターネットも利用することができます。

公衆Wi-Fiは、無料のものから有料のものまでありますが、最近では無料で使用できるものが街の至る所にあります。

カフェなどには大抵、Wi-Fiがあるので、もし利用したい場合は店員さんに「Wi-Fiはありますか?」と一言聞いてみるといいでしょう。

Wi-Fiは日本国内だけではなく、海外旅行や留学に行った際にも、無料で使えるので非常に便利なものです。Wi-Fiがあれば、世界のどこにいても、日本にいるのと同じような感覚でメールやインターネットが可能になります。

Wi-Fiでできること

Wi-Fiがあれば、非常にたくさんんことができます。既に述べたようにインターネットは当然ながら、Wi-Fiによって画像や動画を友人と共有することも可能になります。

わざわざ、USBやメモリーカードを使いデータを移動させる必要がないので、まだこの機能を試したことがないという人はぜひ使ってみることをお勧めします。

みんながあまり知らないこととして、リビングで録画した番組を別の部屋で楽しむこともできます。

最新のテレビやレコーダーには、レコーダーに録画した映像を複数のテレビで観れる機能が付いているものがあります。特に同じメーカーのテレビとレコーダーの場合では、この恩恵を大いに受けれるでしょう。

世界中の相手とゲームを楽しむことも可能です。ネットワーク接続に対応したゲーム機を接続すると、ネットワーク対応のゲームを世界中の人と一緒に楽しめることができます。ニンテンドーDSなのがその例です。

日本にいながら、ネットワークを使えば地球の裏側の人ともゲームを楽しめるなんてものすごい機能です。

Wi-FiとBluetoothの違いは?

AIrPAKU1732_TP_V

パソコンやデジタル家電のモデルによっては、既に本体に無線LAN機能が内蔵されているものがあります。この場合、Wi-Fiルータを用意するだけで無線LANを使うことができます。

みなさん、「Bluetooth」というものを聞いたことがありますか?BluetoothもWi-Fiと同様、無線通信の規格で、インターネットへの接続や機器同士での大容量データのやり取りができるものです。

ただBluetoothは、通話・音楽などの音声やキー入力などの入力信号の転送を主な目的としているのがWi-Fiと異なる点でしょう。

ちなみに、Wi-Fiは接続範囲が広いのに対して、Bluetoothは一般的に数メートル程度のものが多いです。

最近では、インターネット関連で「ワイヤレス」というのが主流になってきています。もちろんWi-FiやBluetoothもワイヤレスになります。

最近では、iPhone 7についにイヤホンジャックが廃止されたように、これからは何もかもワイヤレスで通信が可能になる時代になることが予想されます。

線はないに越したことはありません。線が絡みイライラすることも、もう数年すればゼロになるでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加