HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > 必見!格安スマホ比較ランキング

格安スマホ・MVNOまとめ

必見!格安スマホ比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホを利用することによって毎月の通信料金を安くできるというのは誰にとっても魅力的なことでしょう。

格安スマホにデビューするならどういった点に注意すべきでしょうか。
それを考慮しながら三通りの比較をしてランキング付けした結果を見て、どれが最も自分に合っているかを探しだしてみましょう。

格安スマホをするなら最小プランで最安に

格安スマホで通信料金を抑えたいと考えたら定額プランで最小プランを選ぶというのが一つの考え方でしょう。
より安く、少しだけ快適に使えれば十分と考えると各社で提供されている中で最小容量の1GBまで高速通信できるプランが最も良いでしょう

その比較を行ってみると安さでランキング1位にあがるのはDMMmobileです。
docomo系の中で最安の590円という破格で提供しているのがDMMmobileであり、この価格に右に出るものは2016年2月段階では他にありません。

ランキング2位に僅差で位置しているのがDTIであり、600円の月額料金になります。
もし音声対応を考えるのであればDTIが1200円で最も安く、電話番号を手に入れることにこだわりがあるのならトップランクになるでしょう。

格安スマホを適度に利用する人向けの最安値

日常的にある程度は格安スマホを使うからある程度は高速通信を安定して利用したいという人もいるでしょう。
そういうときにおすすめなのが3GBプランであり、初めて利用する人はまずここからスタートするということが多いものです

3GBのプランで比較してもトップ2にランクインする企業は変わりませんが、ランキングが逆転します。
1位がDTIの840円、2位がDMMmobileの850円になります。

わずか10円の差というのも1GBプランの場合と同じであり、いかに勢力争いが拮抗しているかということがよくわかる結果となっています。

本当に安く利用するためのトップランク

しっかりとある程度の容量までは高速通信をして定額で行っていき、越えてしまっても同じ金額で低速通信で通信していきたいという人もいる一方で、本当にほとんど使わないからもっと安く抑えたいという人もいるでしょう。

そういう人にとってトップランクになるのがFREETELです。
従量制のプランになっていて、100MBまでであればわずか299円で利用できます。
1GBまででも499円であり、このラインを絶対に超えないという自身があるのであれば最安になるのです

DMMmobileの詳細はこちらから


DTIの詳細はこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加