HOME > すべての記事 > SIMフリー・格安スマホの価格について > ちょっと頑張れば手が届く格安SIMっていくら?

格安スマホ・MVNOまとめ

ちょっと頑張れば手が届く格安SIMっていくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンは手放せないけれど、それほど通信もしないし、パケット定額制のプランで高額な通信量を支払いたくないという人も多くなってきました。

スマートフォンのアプリは使用しても通信はダウンロードのときにしか使用しないという人もいます。
そういう人にとっては通信速度もさほど重要なものではないでしょう。
そういう人にとって魅力的な格安simはどの程度まで価格が下がってきているのでしょうか。

二種類あるプランと通信量

格安simにも様々なプランがあります。
基本的には定額プランを提供している会社が多いものの、従量制のプランも提供する会社があり、通信量に応じた選択が必要になります。

また、定額プランも通信量で速度制限がかかるように設計されているのが一般的であるため、自分が毎月どの程度の通信を行うのかということを考えてから格安simに手を伸ばした方が良いでしょう。

ちょっと頑張れば手が届く格安simであっても、使ってみても役に立たないというのでは元も子もありません。
まずは自分がどれだけ使うのかということを試算した上でプランを考えてみましょう

従量制なら最安で利用が可能

従量制のプランでは100MB以下で良くてデータ通信だけでよいとしてしまうとわずか299円でできるようになります。
これならばちょっと頑張れば手が届くどころか、誰もに手が届く範囲になるでしょう。
基本的にはほとんど使わないという人の場合にはそれで十分という考え方もできるでしょう。

音声対応をしても1000円以下で契約が可能となっており、気軽にちょっとだけ使用したいという人には有用な選択肢となっています

容量に応じた格安sim

ある程度の通信を行う場合には定額プランの方が快適に使えます。
比較的利用者が多く、動画などをみたりゲームをしたりするヘビーユーザーでなければ基本的に問題のない3GBや5GB程度のプランは低価格化も著しいものがあります。

3GBではデータ専用であれば900円を下回ってきており、通話を入れても1500円を切るプランが登場しています。

また、5GBであってもデータ専用で1500円を切り、音声対応でも2000円以下で使用できるようになっているのが現状です。

通常の使用であればこの程度で十分に快適に使用することができるようになります
これを気にフィーチャーフォンから一歩背伸びをして手の届くプランで格安simを手にしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加