HOME > すべての記事 > SIMフリータブレットについて > 2 in 1 PCを購入する前に知っておくべき事

格安スマホ・MVNOまとめ

2 in 1 PCを購入する前に知っておくべき事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートパソコンみたいだけども、ただのノートパソコンとは違う2in1PC。2in1PCは、その名前の通り2つの役割を備えた優れものです。

今回は、その一見画期的なデバイス2in1PCについて、購入を検討している人に購入前にぜひ知っておいてほしいことを紹介します。この記事を参考に!

そもそも2in1PCとは?

まず最初に、2in1PCという名前はよく聞くけれども、イマイチよくわからないという人は結構いるのではないでしょうか。2in1PCはハイブリッドパソコンとも呼ばれる、ノートパソコンとは違い画面を取り外してタブレットとしても使えるデバイスです。

発売する会社によって違いますが、安いもので3万円くらいからあるので、普通のノートパソコンを買うよりタブレットとしても使えるのでお得感があります。高いものでは、8~9万円ほどするものもあるので、あくまでもメーカーによります。

2in1PCを購入する人の特徴として、ノートパソコンかタブレットのどちらかを購入検討しているパターンです。ノートパソコンとタブレット両方買うのは勿体無いし、どちらかも選べないという場合にとても重宝します。

最近のタブレットでは、ノートパソコンとしても使える高性能なものがたくさん発売されているので、数年前の「タブレット」と「ノートパソコン」を別々に捕える感覚とは若干変わってきています。タブレットにはキーボードはありませんが、もしキーボードに慣れている人なら、ワイヤレスキーボードを購入することで悩みは解決できます。

要するに、最近ではタブレットとノートパソコンの境目がなくなりつつあるということです。今後どのようになるかはわかりませんが、タブレットが今まで以上にノートパソコンとしての役割を担っていくのではないかと予想されます。

今回は、その今乗っている2in1PCの購入を検討している人に対して、その前に知っておいてほしいややネガティブなポイントについて紹介します。

ノートパソコンとの決定的な違いは拡張性

2in1PCはノートパソコンとしても使えると述べましたが、「ノートパソコン」とは定義されません。それはなぜでしょうか?単純に、ノートパソコンと2in1PCは全く同じものではないからです。

一体何が違うのか、2in1PCは携帯性や操作性はノートパソコンに決して負けていません。むしろ携帯性に関しては、優っているかもしれません。携帯性や操作性はメーカーやモデルによってどのくらい近いか変わってきますが、絶対的に違うことがあります。それが、DVDドライヤSDスロットなどの拡張性の高さです。

最近では、DVDドライブなどは以前よりも使われなくなってきていますが、まだ使っている人はかなり多いです。2in1PCは拡張性が高くありません。写真や音楽などのデータは全てオンラインストレージに保存しているという人は問題ありませんが、SDカードやDVDなどに保存している人にとってはかなり大きな壁となります。

2in1PCはタブレットとして使う人が多い

拡張性の違いはどこから来るのでしょうか。個人的には、2in1PCはあくまでもタブレットとして使う人の方が多いからだと思います。2つの役割があるということは、使う割合は分散されます。

この2in1PCでは、ノートパソコンとしてよりもタブレットとして使いたい人が購入するケースが多いので、ノートパソコンにあるような拡張性はないということです。

2in1PCとしての役割はそこまで高くない

ワイヤレスで接続できるキーボードがあるので、それを普通のタブレットと組み合わせると2in1PCのようになります。そうなれば、「2in1PC」としての役割は低くなります。

一見、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使えるのでお得ですごい製品だ!と感じますが、マルチデバイスには使用目的がはっきりしないという欠点があります。

例えば、ソファベッドのようなマルチな使い方ができるものでも、実際にソファとしてベッドとしても使っている人の割合はどれくらいいるでしょうか?大半が、毎日組み替えることに面倒さを感じているでしょう。

ノートパソコンに負けないZenPad 3S 10 LTEがおすすめ

ノートパソコンとタブレットの中間に位置する製品ではなく、2in1PCに求められている割合の高いタブレットとして、筆者がおすすめを紹介します。

それが、9,7インチAndroid搭載タブレットの「ZenPad 3S 10 LTE」です。店頭価格は44,800円でSIMフリーモデルにも対応しています。CPUにはSnapdragon 650」(1.8GHz、6コア)を内蔵し、メモリも4GBと十分。さらにはバーチャルサウンドを再生できるDTS技術というのを採用しているので、本格的なサウンドが楽しめます。

ノートパソコンとタブレットとして使える、ちょっと曖昧な立ち位置の2in1PCの購入を考えていた人は、このノートパソコンに負けない性能を備えた「タブレット」を選択肢にしてみてはいかがですか。

ZenPad 3S 10 LTEの購入はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加