HOME > すべての記事 > SIMフリータブレットについて > タブレットを買うお金がない!?そんな時は中華タブレットがオススメ

格安スマホ・MVNOまとめ

タブレットを買うお金がない!?そんな時は中華タブレットがオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが知っているタブレット、iPadやNexus は安いものではありません。性能と品質に見合っただけの値段がするのでタブレットが欲しいけど、お金がないという人にはちょっとハードルが高いです。

今回は、お金がなくても買える「中華タブレット」というものについて紹介します。

目次

おすすめタブレット

中華タブレットとは

皆さんは、「中華タブレット」という言葉を聞いて何をイメージしますか?おそらく中華なので中国製のタブレット、中国メーカーの製品をイメージする人が多いと思います。中華タブレットとは、まさにその通りです。中国メーカーのものや中国で作られた安いAndroidタブレット製品を中華タブレットと呼びます。

中華タブレットの最大の特徴は、なんといっても格安な料金でタブレットを購入できるということです。タブレットは決して安いものではありません、高いもので1台8万円から10万円ほどするものもあり、安いものでは1万円から2万円台の製品まであり幅広い値段設定となっています。

たくさん選択肢のあるタブレットの中から、今回なぜあえて中華タブレットをピックアップしたのかというと、単純に「買い」だからです。

ここからは、中華タブレットをお勧めする詳しい内容について書いていきます。

品質が悪いのが過去の話

中国製の製品と聞くと、どうしても悪いイメージを抱いていしまいます。これは「Made in China」と呼ばれるものを揶揄するような風潮があり、実際にも中国からの偽物のブランドものや製品がよく見受けられます。

実は、私も中華系の製品に対してはあまりイメージは持っていませんでした。しかし、最近その風向きは大きく変わってきています。

要するに、中華製品の品質が悪いのは過去の話であって現在ではないということです。中華タブレットは性能面で2世代前のものと言う評価は、もう以前のものでCPUやメモリなどコンピュータとしての能力は、人気タブレットである iPad などとそこまで変わりのないレベルまで来ているのです。

むしろ、最新のIntel 製チップを内蔵している中華製タブレットもたくさんあります。 この記事を読んでから、中国の製品や中華タブレットに対するイメージが変わると思います。

性能が悪かったのは過去の話、現在は安くて性能がいいものがたくさんあります。そこで性能が良く値段の安い中華タブレットが、今狙い目ということ。おそらく、まだ大半の人が中国製品に対して良いイメージを持っていないので、中華タブレットを購入するという選択肢はまだないかもしれません。

実際にスマートフォンやパソコンで考えてみても、中華製品は世の中にたくさんあります。例えば、スマートフォンであれば Huawei はとても人気があり、パソコンであれば Lenovo は安くて高性能パソコンです。このように中国=偽物という概念は捨てた方がいいでしょう。

では、具体的ににお勧めの中華タブレットについて紹介していきます。

8インチタブレット ONDA V80 Plus

今回紹介する中華製タブレットは、8インチモデルと10インチモデルの2種類を紹介していきます。

まずは小さな8インチモデルから。 個人的に、8インチというタブレットのサイズはベストだと思います。小さすぎず画面にも迫力がありながら持ち運びもしやすいので、まさに最高のバランスをもったサイズが8インチなのです。

「ONDA V80 Plus」というタブレットを強くお勧めします。

この製品の最大のポイントは、低価格とWindows 10+Android 5.1デュアルアップデートが可能ということです。ひとつのタブレットで2つのOSが動く2 in 1という高性能なタブレットになります。

メモリは2GB、ストレージは32GB、ディスプレイは8インチ にIPS液晶カメラが200万画素。当然 Bluetoothにも対応しています。

CPUもさくさく動くものなので問題はありません。そして、ストレージが32GBでややは小さいと思う人には、SDカードを128 gb まで認識できるので、もし足りなくなった場合はSDカードを上手く利用すると良いでしょう。価格は1万2000円前後となっています。

ONDA V80 Plusの購入はこちらから

10インチタブレット MediaPad T2 10.0 Pro

8インチでは少し小さいなと思う人には、10インチのタブレットがお勧めです。

やはり画面が大きい分、ディスプレイが見やすいという最大の特徴があります。大きくなればなるほど、持ち運びが不便になるのではと思いますが、10インチはギリギリ問題ないサイズなのです。おすすめの10インチ中華タブレットはHuaweiのMediaPad T2 10.0 Proです。

Huawei は、テレビCMや街角でよく見かけるグローバルメーカーです。この中華タブレットは約2万円と購入しやすい値段なのも高ポイントです。メモリは2GB、ストレージは16GB、そしてメインカメラは800万画素となっています。

10インチですが、重さは494gと軽量で、カラーはブラック、Android OSを内蔵し、バッテリーは6660mAhという大容量なので、電池切れの心配は無用です。

MediaPad T2 10.0 Proの購入はこちらから

今回は、これからさらに注目を浴びるであろう中華タブレットについて書きました。この記事を参考にお気に入りのものがあれば、是非購入を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加