HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 通信速度500kbps前後で使えるMVNO比較

格安スマホ・MVNOまとめ

通信速度500kbps前後で使えるMVNO比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のMVNOでは、高速通信であるLTEの速度は大抵150Mbpsや225Mbpsが主流ですが、速度を500kbps前後にしたものもあります。速度は遅くなりますが、その代わりに毎月安く運用できたり、たくさんのデータ量を使えるというメリットがあります。今回は、その通信速度500kbps前後で使えるMVNOをランキング形式で3つ紹介していきます。

目次

1位 au回線の貴公子au回線の貴公子 UQ mobile

500kbsと数字だけを見ても、いったいどのくらいの通信速度か予測がつかない人もいるでしょう。500kbsというのは、0.5Mbpsに単位を変えれます。MVNOで5Mbps出れば、速い方です。0.5Mbpsは1Mbpsもでていないことになるので、速くはありません。

しかし、音楽配信サービスやインターネットをするのには問題ありません。

UQ mobileの、通信速度500kbpsのデータ無制限プランは月額2,000円を下回る最高のコストパフォーマンスです。

実際に利用しているユーザーからは、500kbpsの速度ですが、結構速く使いやすいとの評判が多くあります。

値段、通信速度ともに一番優れています。

UQ mobileの申し込みはこちらから

2位 大人気のMVNO  OCN モバイル ONE

大人のMVNO、OCN モバイル ONEが出している500kbpsコースは月額1,800円で15GBまで利用できます。速度が遅い分、たくさんのデータを使うことができ、ヘビーユーザーにとってもありがたいサービスです。

このOCN モバイル ONEには、通信制限がありません。速度制限がないのはかなりポイントが高いのですが、UQ mobileの方が利用者の評判がいいので、2位にしました。

OCN モバイル ONEの申し込みはこちらから

3位 他と比べて通信速度が一番速い  Wonderlink LTE

img_photo_09

Wonderlink LTEはメジャーなMVNO会社ではないですが、ユニークなプランを持っています。それが、Fシリーズの「F-使い放題700」と「F-7G」プラン。これらは、通信速度225Mbpsで利用でき、決まったデータ容量を使い切ったら低速通信である700kbpsになるというもの。

上の2つと比べて、700kbpsは速いですが、Wonderlink LTEの情報が多くなく実際にその速度が出るかは不透明なので、この順位にしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加