HOME > すべての記事 > オススメMVNO業者 > 月1,000円以下で運用できる主要MVNOを徹底比較!

格安スマホ・MVNOまとめ

月1,000円以下で運用できる主要MVNOを徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNOで、月に1,000円以下で運用したいなら、毎月のデータ容量は約1GBくらいになります。もちろんその1GBはLTEを使った高速通信です。

今回は、その月1,000円以下で運用できる主要MVNOを比較してみました。

目次

980円で1GB使えるBIGLOBE SIM

86e90737c8c13d4255948ca9aab473d3

今回紹介するのは、あくまでも月額料金が1,000円以下のもなので、必ずしも高速通信だけを使ったプランではなく、時には低速通信を利用する事もあるでしょう。

まずは、高速通信が1GB使えて月額たったの980円という安さが魅力のBIGLOBE SIMです。一ヶ月の間に1GBを超えると速度制限がかかるのは他のMVNOと同じです。

BIGLOBE SIMのいいところは、端末の購入によって割引があるところです。

BIGLOBE SIMの申し込みはこちらから

データ量が日単位のOCNモバイルONE

次に紹介するのが、面白いプランのあるOCNモバイルONEです。このOCNモバイルONEも月額1,000円以下で抑えれるプランがあり、それが1日当たりで使用できるデータ量が決まっている日次プランです。

料金は1日30MB使えて、月額980円です。1日30MBなので、単純計算しても一ヶ月で900MB使えることになります。

BIGLOBE SIMと比べて毎月の料金は同じですが、使えるデータ量がやや少ないです。

ただOCNモバイルONEはシェア率がかなり高いので、MVNO初心者などには安心して使えるでしょう。

OCNモバイルONEの申し込みはこちらから

MVNO業界で先頭を走るIIJmio

最後は、MVNO業界でトップのIIJmioです。IIJmioは料金、品質、サービス全ての面でトップクラスのMVNOです。MVNOで長い間、高い支持と知名度を維持しているのもすごいです。

そのIIJmioの月額1,000円以下のプランがミニマムスタートプランというもので、これは月にデータが500MB使えて月額料金が945円です。一見したら、945円で500MBしか使えないので、上記で紹介した2者と比べて割高と感じるかもしれませんが、IIJmioには自分で自由に高速通信のオンオフを切り替える機能が備わっているので、一ヶ月の間で調整できます。

「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」という専用アプリを使えば、簡単にいつでも高速通信をオフにして節約することができます。

最高水準の品質でスマートフォンを運用したいなら絶対にIIJmioがいいです。

IIJmioの申し込みはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加